読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『銀杏堂』(橘春香/偕成社)ミニパネル展を開催中です。

f:id:keibunshabanbio:20170418022526j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418021834j:plain

橘春香さん作、幻の骨董品にまつわる14篇の冒険物語『銀杏堂』(偕成社)のミニフェアを開催中です。

小学1年生の女の子「レンちゃん」は、学校に行く途中に気になるお店を見つけます。そこは「銀杏堂」という名前の骨董品屋さん。店主は高田さんというシワシワのおばあさんです。でも、高田さんはただのおばあさんではありません。店に並ぶのはすべて、高田さんが世界中を旅して集めてきた幻の品ばかり。巨大なにしき鯉のうろこ、稲妻のかけら、ユニコーンの喉につかえていたエメラルド、李白が皇帝から贈られた瀬戸物、サバンナで捕まえた逃げ水、溶岩で作ったコーヒー、南極に生育するサボテンの樹液……。それらひとつひとつに、高田さんの冒険物語と人生の思い出が詰まっています。レンちゃんは、毎日のようにお店に通い、高田さんからそれら骨董品にまつわる話を聞くようになります。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418021856j:plain

こちらが表紙。まるで宝石のよう。思わず手に取ってしまいます。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418022042j:plain

カバーを外すとこんな感じ。古い魔法の書物のような佇まいです。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418022734j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418022424j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418022505j:plain

こちらは物語の挿絵とそのパネル。画像ではなかなか伝わりにくいですが、鮮やかでみずみずしい色彩に目を奪われます。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418022238j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418022151j:plain

こちらは物語に登場する魅力的な骨董品の数々のパネル。「朝つゆのクモの巣ネックレス」「すべての望みをかなえる羽ペン」…など、どれも気になります。風邪気味の私はぜひとも「溶岩コーヒー」が飲みたい!

 

骨董品屋の高田さんと小学生の女の子レンちゃんの、ユニークで勇気あふれる夢のような物語。小学生の女の子はもちろん、大人の女性も楽しめる1冊。プレゼントにもよさそうです。

 ぜひお手に取ってご覧ください!

 

 (津村)

安野光雅『旅の絵本』ミニフェア開催中です

f:id:keibunshabanbio:20170307033840j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170307023409j:plain

 

美術館「えき」KYOTOで開催中の「安野光雅の仕事」展。

当店でも安野光雅氏のシリーズ絵本『旅の絵本』のミニフェアを開催中です。

f:id:keibunshabanbio:20170307023446j:plain

『旅の絵本』は世界でも人気のある絵本作家の安野光雅氏が、世界各地を舞台に旅の楽しさを描いた字のない絵ばかりのシリーズ絵本です。

繊細な筆使いで描かれた町並みや自然の風景の中に、童話の主人公や名画の一場面、スターや事件などがさりげなく描かれ、何度見ても見飽きることがありません。

1977年に出版された『旅の絵本』の舞台は中部ヨーロッパ。そこからイギリス、アメリカ、スペイン、デンマーク、中国など各地を巡って、最後の『旅の絵本Ⅷ』ではついに舞台は日本へ。お花見や田植え、お祭りに紅葉と、季節の移り変わりとともになつかしい日本の風景が描かれています。

 

f:id:keibunshabanbio:20170307023548j:plain

パネルも少し展示しています。

 

f:id:keibunshabanbio:20170307023538j:plain

その他、安野さんの魅力的な絵本やエッセイも集めました。

『あいうえおの本』や『はじめてであうすうがくの絵本』などは入園・入学祝いにもおすすめです。

f:id:keibunshabanbio:20170307023454j:plain

 

その美しく楽しい旅の世界をぜひご覧ください。

 

ーーーーーーー

■安野光雅『旅の絵本』ミニフェア

会期:2017年3月6日~20日頃

場所:恵文社バンビオ店

 

 (津村)

 

矢萩多聞さんの手紙の展示とインドの学校

 

        f:id:keibunshabanbio:20170220184055j:plain

画家で装丁家の矢萩多聞さんの手紙の展示をしています。

京都とインドを行ったり来たりしながら本を作ったり、絵をかいたりしている多聞さん。

ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』の装丁などで、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

装丁を考えてる様子はこちら↓

http://www.mishimaga.com/bessatsu-michi/003.html

f:id:keibunshabanbio:20170220184028j:plain

中学生の頃からインドで暮らしていたり、去年インドのことを書いた本『たもんのインドだもん』を出されたり、インドと言えば多聞さん!多聞さんと言えばインド!ということで、今回は「私のなかのインドだもん」と題して、多聞さんにゆかりのある方たちからの手紙と、その返事の手紙をあわせて展示しています。

 

      f:id:keibunshabanbio:20170220184046j:plain

こんな手紙からはじまります。

 

f:id:keibunshabanbio:20170220183807j:plain  f:id:keibunshabanbio:20170220183925j:plain  

谷川俊太郎さんやミロコマチコさん、津田淳子さん、中島岳志さんからの手紙が並んでいます。筆跡に個性が出ていておもしろいです。

f:id:keibunshabanbio:20170220183918j:plain f:id:keibunshabanbio:20170220183900j:plain

続いて得地直美さん、森まゆみさん、近藤淳也さん、加藤休ミさんに吉田亮人さん。書いてる内容もそれぞれ、長さもそれぞれ、

ひとつひとつの手紙に多聞さんからの返事があります。絵もついてきます。じっくり読むと意外と時間がかかるので、たっぷり時間をとってのんびりながめることをおすすめします。

手紙をくれた方たちの著書やなんかも一緒に置いています。今回は多聞さんが装丁を手掛けたものも、そうでないものも並べていますが、《装丁家で本を探す》という方法は、思わぬ出会いもありそうですごく楽しい気がします。

 

3月4日には、展示に合わせて多聞さんがワークショップをしにきてくれます。詳細は以下の通りです。楽しみ~

★「スパイスの時間」は定員に達したためご予約受付け終了いたしました。「国語の時間」には若干のお席があります。お悩みの方はご予約お急ぎください。★

f:id:keibunshabanbio:20170224192821j:plain

 

河原町の丸善京都店でも手紙の展示をやっています。

こちらは京都在住のグレゴリ青山さんと加地猛さん、と、平尾剛さんから。

f:id:keibunshabanbio:20170209191645j:plain  f:id:keibunshabanbio:20170209191719j:plain

相変わらずのミシマ社フェアも開催中でした。

 

(濱田)