読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「母の友」フェア 開催中です。

フェア

 f:id:keibunshabanbio:20160927230839j:plain 

f:id:keibunshabanbio:20160927142015j:plain 

 

福音館書店の月刊誌「母の友」フェアがスタートしました。

 

「母の友」は、

幼い子どもをもつお母さんやお父さんや、

子どもにかかわるすべての人へ向けた、

1953年の創刊以来60年以上続く、福音館書店の月刊誌です。

 

創刊時は戦後の復興の真っ只中。

生きることに一生懸命だった時代です。

価値観が大きく変動する中で、何をめざして子どもを育てればいいのか。

「母の友」は、混乱する母親たちに、

身近で具体的な子育てのヒントを提供する雑誌として生まれました。 

どの時代にも共通する子育ての喜び、

またその時代ならではの悩みが丁寧に取り上げられており、

読んでいて確かな手応えがあります。

私も毎度お世話になっています!)

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160927230952j:plain

こちらは表紙の一覧です。

創刊号の表紙は、輪になって遊ぶ子どもたちの「写真」でした。

第12号からは画家の方々が表紙を描くようになり、

現在の100%ORANGEさんで26人目。

初めは毎号違う描き手でしたが、

16号からはひとりの画家の方が年間を通して描いています。

表紙の絵の雰囲気だけでもその時代が見えてくるような気がしませんか?

ちなみに最長記録は安野光雅さんの9年間だそうです!

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160927230839j:plain  

こちらが9月初旬に発売された最新号です。

特集は「こどもが風邪をひいたら」。

お母さん小児科医の森戸やすみさんに聞く

風邪をひいた場合の対処方法や、

小児科医院に併設する形で病児保育施設を運営している、

小児科医の保坂篤人さんに聞く、病児保育の仕組みや考え方について、

また、外国では子どもが風邪をひいた場合はどうしているのかなど、

特にこれからの季節にぜひとも知っておきたいテーマが組まれています。

「病児保育ってこんなところなのか!」

「外国と日本で風邪の捉え方はこんなにも違うのか!」など、

視野が広くなり、知識が深まります。

 

他にも『やこうれっしゃ』の西村繁男さんの絵本への思いや、

吉本ばななさんの母エッセイ、

ある幼稚園の一コマを綴った園だより、

ほっこり和む子育てまんがエッセイ、

読者のお母さま方からの体験談など、

大充実の1冊です。

 

 

また、「母の友」からは多くの本も誕生しています。

創刊時に「こどもに聞かせる一日一話」という

お話のページをメインにすえていた「母の友」は、

のちに月刊物語絵本「こどものとも」を生み出し、

さらに『ぐりとぐら』『ばばばあちゃん』『いやいやえん』『魔女の宅急便』など、

今でも読み継がれる多くの名作を生み出しました。

そして「母の友」に掲載された連載や特集からも、

多くの子育ての本が生まれました。

それがこちらです。

f:id:keibunshabanbio:20160927142035j:plain

優しくも読むと親として背筋がシャンとする本ばかりです。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160927230926j:plain

ははがうまれる』(宮地尚子)もそんな1冊。

お母さんの存在をまっすぐに受け止めてくれる本です。

10月中旬には、横浜にある小さな幼稚園「りんごの木」代表で、

絵本『けんかのきもち』の著者としても知られる柴田愛子さんの

過去の連載が1冊にまとまった新しい本も発売されます。

これも楽しみですね。

 

 

子育ての知恵がつまった「母の友」。

5年前の2012年から現在までの

選りすぐりのバックナンバーをご用意しました。

過去1年間に関しては全てのバックナンバーがそろっています。

古いものは在庫限りとなります。

 

様々なテーマで綴られる子育ての話が

自分の子育てのヒントになったり、

異なる考え方や新たな発見で視野が広がったり、

同じ思いを持つおかあさんの言葉に共感したりと、

読んでいると自分の子育てを優しく励まされ、

子育てへの活力が湧いてくるようです。

まさに「母」の「友」。

 

あなたの子育ての友となる1冊を探してみませんか?

広告のない雑誌なので価格がお手頃なのも嬉しいところです。

ぜひお手に取ってごゆっくりお楽しみください。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160927142024j:plain

f:id:keibunshabanbio:20160927141953j:plain

f:id:keibunshabanbio:20160927230540j:plain

 

 

■「母の友」フェア

日程:2016年9月21日(水)〜10月中旬頃

場所:恵文社バンビオ店

 

 

(津村)

2016年8月 月間売上ランキング

バンビオ店の本棚から

f:id:keibunshabanbio:20160912034245j:plain

1    コンビニ人間(村田沙耶香/文藝春秋)

2  たんぼレストラン(はやしますみ/ひかりのくに)

3  どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

   (Eiko/サンマーク出版)

4  柳に風(佐伯泰英/文春文庫)

5  村上海賊の娘 第4巻(和田竜/新潮文庫)

6  村上海賊の娘 第3巻(和田竜/新潮文庫)

7  嫌われる勇気(岸見一郎/ダイヤモンド社)

8  海の見える理髪店(荻原浩/集英社)

9  危険生物(小宮輝之/講談社)

10 ねないこはわたし(せなけいこ/文藝春秋)

 

(集計期間 2016/8/1-8/31)

 

 

当店8月の売上ランキングは、以上のような結果となりました。

 

文芸は今話題の5作品がランクイン。

1位は『コンビニ人間』。

8位は『海の見えるレストラン』。

2016年上半期の芥川賞を受賞した『コンビニ人間』が1位に、直木賞を受賞した『海の見えるレストラン』が8位にランクインしました。

f:id:keibunshabanbio:20160912034321j:plain

 

5位は『村上海賊の娘 第4巻』。

6位は『村上海賊の娘 第3巻』。

2014年の本屋大賞に選ばれ、吉川英治文学新人賞も受賞した和田竜さんのベストセラーです。6月下旬に発売された1、2巻が先月はランクインしていましたが、今月は7月下旬に発売された3、4巻がランクインとなりました。

 

4位は『柳に風』。

佐伯泰英さんの時代小説の新刊が4位にランクインとなりました。 

 

 

2位は『たんぼレストラン』。

8月に、原画展と、著者のはやしますみさんをゲストに迎えておはなし会&ワークショップを行った、絵本『たんぼレストラン』が2位にランクイン。(詳細はこちらから。)原画展もイベントも多くの方にお越しいただきました。厳しくも豊かな自然の営み「食物連鎖」を、はやしさんならではの色鮮やかな絵で明るくダイナミックに描いています。食べること、食べられること、生きること、命について描かれた絵本。まだの方はぜひ読んでみてください!

f:id:keibunshabanbio:20160912034403j:plain

 

 

3位は『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』 

ヨガインストラクターEikoさんによる「開脚4週間プログラム」です。ストレッチを毎日3種類、5分程度やるだけで、4週間後にはベターッとなるそうです!それにしてもきれいにベターッと開脚している人を見ると、いいなあと思うのはなぜでしょう?この本で憧れの開脚を手に入れられるかもしれませんね。

f:id:keibunshabanbio:20160912034339j:plain

 

 

9位は『危険生物』。

夏休みらしく、7月に新発売となった学研の図鑑LIVE『危険生物』がランクイン。人間にとって脅威となりうる危険・有毒生物が約700種収録された、DVD付きの図鑑です。最近の図鑑は種類もジャンルも豊富でおもしろいですね。小さなお子さまから楽しめる絵やしかけが中心の図鑑から、大人でも楽しめる迫力満点の本格的な図鑑までさまざまです。見ているだけでワクワクしてきます。親子でながーく楽しめる図鑑、お子さまの興味に合わせたものをぜひ探してみてください。

f:id:keibunshabanbio:20160912034420j:plain

 

 

以上、8月のランキングでした。

 

朝晩は涼しく、秋の気配が漂い始めました。9月はどんな作品がランクインするのでしょうか?次回のランキングもどうぞお楽しみに!!

 

 

(津村)

【絵本の棚より】「秋の絵本」と「おじいちゃんの絵本とおばあちゃんの絵本」フェア開催中

フェア 絵本

f:id:keibunshabanbio:20160902033811j:plainf:id:keibunshabanbio:20160902033818j:plain

夏休みが終わって8月が過ぎ、気がついたらもう9月。

徐々に日が短くなってきました。

夜には虫の声も聞こえます。

道で落ち葉を目にするようになりました。

そこかしこに秋の気配。

秋が近づいてきました。

 

当店絵本フロアも「秋」モードに変身!

「お月さま」「どんぐり」「葉っぱ」「森」「虫」「おいも」「遠足」「運動会」など、秋を感じる絵本を集めています。

秋の夜長にゆっくりたのしめる、味わい深いおはなしが多い秋の絵本たち。

以下ほんの一部ですが、

秋の絵本から「お月さま」の絵本をご紹介させていただきます。

今年の中秋の名月は9月15日だそうです。

月のキレイな季節に楽しめる絵本、ぜひご覧ください。

 

■■■
 

f:id:keibunshabanbio:20160902033958j:plain

 『おつきさま こんばんは』
林明子 作・絵
福音館書店

静かな夜の空。屋根の上が明るくなって、しだいに金色に輝く丸いお月さまがでてきました。「お月さまこんばんは」。ところがそこに黒い雲やってきて、お月さまを隠してしまいます。でもだいじょうぶ。黒い雲は少しお月さまと話をして、また去って行きました。ふたたびあらわれたお月さま、にっこり笑顔で「こんばんは」。 まるで話かけてくるようなお月さまのやさしい表情。思わずにっこりしてしまいます。裏表紙の「あっかんべ」の表情もいい!小さなお子さまから楽しめる、優しく明るいお月さまの絵本です。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160902033910j:plain

『月へミルクをとりにいったねこ』

アルフレッド・スメードベルイ 作/垂石眞子 絵/菱木晃子 訳

 福音館書店 

こねこたちのために、ミルクを求めて月に向かうおかあさんねこのおはなしです。おかあさんねこと4匹の子ねこが住んでいる農家の牛の乳が出なくなってしまいました。困り果てたかあさんねこに、犬がミルクのある場所を教えてくれるのですが、それはなんと月!月でおじいさんとおばあさんが運んでいる桶の中身が、ミルクだと言うのです。かあさんねこは月を追いかけます。途中、ぶたやおんどり、こうしも一緒に行くことになりますが、みんな途中であきらめて帰ってしまいます。しかしかあさんねこはあきらめずどこまでも月を追いかけます。そして...! 母強し!ドキドキワクワクの物語を楽しめる絵本です。テンポのいい文章と躍動感のある絵が物語のおもしろさをいっそう魅力的にしており、クスっとしながらもその物語の世界に入り込んでしまいます。子育て中の方はおかあさんねこの言葉に感心させられる部分も。親子で楽しみ、読んだ後は温かい気持ちになる絵本です。ちなみに日本では月にはお餅をついているうさぎがいるといわれていますが、北ヨーロッパでは水を運ぶ男女がいるといわれているそうです。

 

  

f:id:keibunshabanbio:20160902033836j:plain

『おつきさまこっちむいて』

片山令子 文/片山健 絵

福音館書店

「おつきさま どうしてぼくについてくるの?」。子どもの素朴な疑問が温かいストーリーになった絵本です。「おつきさま、こっちむいて!」。男の子がいろんな形の月といろんなところで出会います。あっちをむいていた三日月がだんだん姿をかえ、やがてまんまるの満月になります。 そらに見つけたおつきさま。ほそいほそいおつきさま。ねむたそうなおつきさま。顔をあらったみたいなおつきさま。 月が生活の一コマ一コマにいつも自然にいて、その表情も状況によってさまざまだということに気づかされます。元々は福音館書店の月刊誌「ちいさなかがくのとも」として発売されました。お月さまについて知ることができつつも、月とその男の子と家族の温かく優しいストーリーも魅力的な絵本です。優しい気持ちで夜の月を見上げたくなる1冊です。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160902033917j:plain

『お月さまってどんなあじ』

マイケル・グレイニエツ 作・絵/いずみちほこ 訳

らんか社 

お月さまってどんなあじなんだろう。そんな素朴な疑問を抱いていた動物たち。ある日小さなカメが高い山の上に登ってお月さまをかじってみようと決心します。山のてっぺんに着いたカメは、まだお月さまに届かないことに気づき、ゾウを呼びます。ゾウがカメの背中に乗り鼻を伸ばすと、お月さまはひょいっと上へ逃げました。そこでゾウはキリンを呼び、キリンがゾウの背中に乗り長い首を伸ばしますが、お月さまはひょいっとまた上へ逃げてしまいます。お月さまを一口かじってみたいという動物たちが次々に自分の背中に他の動物をのせていき、そしてとうとう…。 やさしい雰囲気の文章と質感のある絵が美しく目を引く絵本。繰り返しのリズムが楽しく、最後の言葉からみんなでお月さまの味への想像が広がります。小さな子から大人まで楽しめる優しく和やかな絵本です。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160902033947j:plain

『ぽんぽん山の月』

あまんきみこ 作/渡辺洋二 絵

 文研出版

長岡京市在住のあまんきみこさんによる、十五夜に読みたい絵本です。猟師に撃たれてしまったとも知らず、山の上で4匹の子うさぎ達が母さんうさぎを待っています。大きな月が登り、子うさぎ達の目に月の中のうさぎの姿が写ります。それがお母さんうさぎだと思ったうさぎ達は「おりてきてよう」「おなかすいたよう」と叫びます。そんな様子を木の陰からはずかしがりやの山んばが見ていました。「かわいそうに」。山んばは自分がやっとの思いで買ったおだんごを、そっと置いて立ち去ります。そしてそれを見ていた風の子は...。 お月さまのもと、ぼんぼん山でくり広げられる悲しく切なくも優しく温かいおはなしです。優しいやまんばと、温かな文章、情景が目に浮かぶような美しい絵が印象的で、読んだ後はジーンと心に残ります。秋の夜長にお子さまと読んでほしい1冊です。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160902033827j:plain

『ぼく、お月さまとはなしたよ』

フランク・アッシュ 作・絵/山口文生 訳

評論社

ある夜、クマくんは空のお月さまを見上げて、お月さまにお誕生日の贈り物をあげたいなと思います。でもいつだろう?なにをあげたらいいかしら?そうだ、お月さまにきいてみよう!お月さまに話しかけても返事がないので、クマくんは川を渡り、森を抜け、山に登って叫んでみました。「こんばんは!」。すると「こんばんは!」。「たんじょう日、いつですか?」。すると「たんじょう日、いつですか?」。お月さまはクマくんが言ったとおりに答えますが...。 実はお月さまの声の正体は「やまびこ」。どうなることかとハラハラするストーリーも、うまく進むんです!一生懸命なクマくんがなんともかわいらしく、微笑ましい絵本。誕生日プレゼントにもよさそうな1冊です。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160902033929j:plain

『つきのぼうや』

イブ・スパング・オルセン 作・絵/やのうちきよこ 訳

 福音館書店

 縦35cm、横13cmの楽しいのっぽ絵本です。おつきさまがふと下を見ると、池にもうひとりのおつきさまが映っています。おつきさまはそれが気になって、つきのぼうやにそのつきをつれてきてくれるように頼みます。つきのぼうやは空からずーっと降りてきてもうひとりのおつきさまを探します。雲を通り抜け、鳥の群れを抜け、木の間をくぐり、煙の中を通り抜け、家の前を通って船着場から海の底までたどり着きます。さて、つきのぼうやが持って帰ったちいさなつきとは...? 縦長の形を存分にいかして、つきのぼうやが空からおりてくる様子が活き活きと描かれている楽しい絵本です。空からおりてくる男の子の冒険をみんなで楽しめる1冊です。

 

 

f:id:keibunshabanbio:20160902033848j:plain

『パパ、お月さまとって!』

エリック・カール 作絵/もりひさし 訳

偕成社

絵本の魔術師とよばれるエリック・カールの色彩豊かなしかけ絵本です。ある晩、モニカがベッドにいこうとすると、窓からお月さまがとても近くにみえました。「パパ、お月さまとって!」。娘に月をせがまれてパパは、ながーいながいはしごを持ってきて、たかーいたかい山のてっぺんにはしごを立ててお月さまへとのぼっていきます...。 空の高さや月の満ち欠けを表現するために、絵本の画面が左右上下に開くというびっくりのしかけ。パパがもってきたながーいながいはしごは横に4ページ分、たかーい山に登るところは縦に2ページ分、そして大きなお月さまは縦横4ページ分のジャンボサイズで登場します。スケールの大きなしかけにみんな喜ぶこと間違いなし。月の満ち欠けを学ぶこともできます。しかけだけでなく、その物語はお父さんの優しさにあふれており、ぜひお父さんと一緒によんでほしい1冊です。ちなみに小型サイズのポートブックもあります。

 
■■■
 
いかがでしたでしょうか?
十五夜の夜に月を見ながら、ゆったりと「お月さま」の絵本をお楽しみ下さい。
 
 
そして、9月といえばもうすぐ「敬老の日」。
こちらのコーナーには「おじいちゃんの絵本とおばあちゃんの絵本」を集めました。
優しくて、切なくて、たくましくて、おもしろい、
たくさんのおじいちゃんとおばあちゃんの物語。
家族みんなで楽しめるおじいちゃんとおばあちゃんの絵本、
こちらもぜひお楽しみください。 

f:id:keibunshabanbio:20160902033614j:plain

 

 

秋の世界を味わえるこれらの絵本。
ゆったりとした時間の中でじっくり読みたくなるおはなしが多いように感じます。
お気に入りの1冊を見つけてみてくださいね。

f:id:keibunshabanbio:20160902033805j:plain

 

 
(津村)