バンビオのお店便り 9月第2週

台風も過ぎ去り、ようやく雨風おさまって、雲の間から青空が望めるようになりました。

 

昨日はいつもより早くお店は閉まりましたが、本日は変わらず開店いたします。

 

バンビオの本棚より

f:id:keibunshabanbio:20170914155820j:plain

Twitterでもお知らせしておりますが、リトルプレスの1/fさんのパネル展が始まりました。

女性らしい装丁と丁寧な内容。是非お立ち寄り下さい。

 

続きまして

f:id:keibunshabanbio:20170914155905j:plain

『干し野菜百科』 河出書房新社

保存食を作ると、豊かな気持ちになりませんか。

冷蔵庫で干からびた野菜を見つけると、悲しい気持ちになります。

 

種類豊富ですので、どうしたらいいかな?の時に、きっとお役に立つ一冊です。

 

お次はこちら

f:id:keibunshabanbio:20170914160402j:plain

『いいね  更年期は幸年期』 クレヨンハウス

『おやこの薬膳ごはん』クレヨンハウス

 

急に涼しくなり秋めいてきましたので、敏感な体の方は、体調を崩しがちですよね。

うちの子も毎年の事ながら、咳と鼻水が止まりません。

私も冷え性で体調を崩しがちなので、お母さんとお子様が元気になれるような本を少し選んでみました。

 

足元を温かくまもってくれる靴下も取り揃えております。

naniiroさんのてぬぐいは、使うほどに柔らかくふんわりするので、首に巻いて眠ると、次の朝喉の調子が良いですよ。

色々小物もございますので、これから迎える寒い季節に備えて、ご覧頂けると幸いです。

 

それでは、また。

 

バンビオ店 星山

 

2017年8月月間売上ランキング

f:id:keibunshabanbio:20170910011725j:plain

1  おしりたんていいせきからのSOS(トロル/ポプラ社)

2  君の膵臓を食べたい(住野よる /双葉文庫)

3  満願(米澤穂信/新潮文庫)

4  そらの100かいだてのいえ(岩井俊雄/偕成社)

5  続ざんねんないきもの事典(今泉忠明/高橋書店)

6  インデックス(誉田哲也/光文社文庫)

7  船参宮(佐伯泰英/文春文庫)

8  ざんねんないきもの事典(今泉忠明/高橋書店)

9  小学館の図鑑NEO 危険生物(塩見一雄/小学館)

10 荒神(宮部みゆき/新潮文庫)

(集計期間 2017/8/1〜8/31)

 

2017年8月のランキングは以上のような結果となりました。

 

夏休みだったこともあり、たくさんの子どもたちで連日店内が賑わった8月は、ご覧の通り児童書が目立つ結果となりました。たくさんの子ども達が夏休みに本屋に訪れ、思い思いの時間を過ごしているということを、とても嬉しく思います。たくさんの本、たくさんの物語に出会ってほしいですね。

 

さてランキングです。

 

1位は『おしりたんてい  いせきからのSOS』。

大人気『おしりたんてい』シリーズの8月発売の最新刊が1位に。今回はジャングルの奥深くから助けを求める依頼が舞い込みます。なぜ子ども達はこんなに「おしり」が好きなんでしょう...?顔の形が おしりに見える名探偵が、数々の難事件をププッと解決していく謎解き物語。絵探しやクイズ、迷路なども存分に楽しめる一冊です。シリーズでどうぞ。

f:id:keibunshabanbio:20170910014034j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170911033321j:plain

 

3位は『満願』。

第27回山本周五郎賞を受賞し、第151回直木賞候補にもなったこちらの本。それぞれが独立した6つの作品からなる短編集で、殺人の刑期を終えた女、交番勤務の警官、在外ビジネスマン、フリーライターなど、切実に生きる人々が遭遇する6つの奇妙な事件が描かれています。入念に磨き上げられた流麗な文章で日常に潜む謎を描く、緊張感溢れるミステリーです。

f:id:keibunshabanbio:20170910031647j:plain

 

4位は『そらの100かいだてのいえ』。

「100かいだてのいえ」シリーズ3年ぶりの新刊です。夏休みには阪急梅田店で見応えたっぷりのとても楽しい原画展が開催されていました。第4弾の舞台は「空」。縦に開く大迫力の絵や、細かく描きこまれた住人たちの賑やかなくらしぶりはこれまで通りですが、天高くのびる空の家に暮らすのは「雲」「雨」「虹」「風」など。これまでの3冊とは異なり、今回の住人は生き物ではなく「自然現象」です。さて、最後の100階で出会うのは……?。新しい切り口で描かれ、より想像力広がるファンタジーの要素が強くなった『そらの100かいだてのいえ』。すみずみまでじっくり楽しめる絵本です。今ならポストカード付きです。絵本の他、パズルやかるたもあります。

f:id:keibunshabanbio:20170911033349j:plain

 

5位は『続ざんねんないきもの事典』。

 『ざんねんないきもの事典』第2弾。ちょっと残念だけどどこか愛おしい、そんな動物たちの生態を紹介しています。「ラッコはお気に入りの石をなくすとごはんが食べられなくなる」そうです。クスッと笑えてちょっとためになる、思わずつっこみたくなる「ざんねん」な生き物の真実がたっぷりつまった一冊です。

f:id:keibunshabanbio:20170911033428j:plain

 

6位は『インデックス』。

姫川玲子、捜査一課復帰へ。ファン待望の2年ぶりの最新刊です。所轄に異動し、幅広い事件捜査に、日夜全力で挑む姫川玲子。忙しい日々の中で、玲子はようやく、本部復帰のチャンスを掴みます。ただ、捜査一課に戻るなら、あの仲間たちを呼び戻したい。姫川班、再結集なるか!?

f:id:keibunshabanbio:20170910031710j:plain

 

以上、8月のランキングでした。

朝夕の空気の涼しさや、虫の声や木の葉の色づきで秋を感じはじめた今日この頃。9月はいったいどんな作品がランクインしているでしょうか。次回もどうぞお楽しみに!

 

(津村)

manmosの「カラフルエスニックブローチをつくろう!」ワークショップ

 

こんにちは。

日差しはまだ夏の強さが残っていますが、空の高さや空気はもう秋。これからは長岡京のお散歩も気持ちよく出来る季節に。うれしいですね!

さて、そんなお散歩の道中に、ふらりとバンビオ店に来ませんか?今月の23,24日は気軽にご参加いただけるワークショップを企画しています。

  

■■■

「カラフルエスニックブローチをつくろう!」

f:id:keibunshabanbio:20161016153327j:plain

 

インドの布を使ったブローチ台に

カラフルポップな素材をデコレーション!

色や柄の組み合わせは自由自在

さまざまな表情をもったブローチが誕生します

おしゃれで個性的なブローチをつくりましょう!

 

講師:monmos

日時:2017年9月23日(土),24日(日)

時間:13:00~16:00

場所:恵文社バンビオ店 店内

参加費:800円(材料費含む)

※時間内随時受付します

(店頭でご予約も受け付けてます)

※対象年齢:4歳~大人まで

※所要時間は30分~1時間程度です

■■■

 

今回このワークショップの講師をしてくれるmanmosさんは、以前にも「親子でプラバンモビールをつくろう!」というワークショップを開催して大盛況でした。

今回のワークショップは「カラフルエスニックブローチ」を作ります。レジの横に完成したブローチの実物を展示していますが、色々な素材で色もカラフル!

きっとお子さんから大人の方まで作って着けて、楽しんで頂けると思います。時間内ならば常時受け付けしていますので、ぜひお気軽にご参加くださいね。

 

(水口)