読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビオのお店便り 5月第3週

お昼間は暑いのに、朝晩冷えますね。

最近お引越しをした新しいお家が、お寺の敷地内にあり、朝6時になると鐘がなり、お祈りの声で目が覚めます。

窓を開けるとひんやりした冷気が。身も心も引き締まる毎日です。

長岡のお店では『へろへろおじさん』のパネル展が好評いただいております。佐々木マキさんのラフスケッチや原稿、とても面白く拝見しております。ぜひお近くにお越しの際は、お立ち寄りくださいませ。

 

絵本コーナーでは

f:id:keibunshabanbio:20170518152704j:plain

福音館書店『たくさんのふしぎ 傑作集』フェアを開催しています。

たくさんのふしぎは、大人の私でも知らなかったような知識の宝庫です。わかりやすく丁寧に解説されているので、お子様と楽しんでいただけます。

シリーズの1つ『鬼が出た』は個人的にお薦めで、鬼の作り方が解説されています。『和菓子のほん』も美しい装丁とともに、和菓子に込められた想い、扱われ方など役に立つ知識がいっぱいです。

 

お家の本で気になったのが...

f:id:keibunshabanbio:20170518153249j:plain

『小さな家』エクスナレッジ

余計なものはない、だけど豊かな家。うーん、憧れますね。

ご紹介されている建築家の皆様も豪華です。お時間ある時に眺めているだけで、幸せな気分に。

 

話題書コーナーより

f:id:keibunshabanbio:20170518153553j:plain

『リーチ先生』 原田マハ 著

バーナード・リーチといえば『ザ・民藝』。『陶芸』お好きな方でしたら、ご存知ですよね。バーナード・リーチの生涯が描かれた小説、結構分厚いですが、面白そうです。

 

最後に、可愛いー。と心が叫んでしまう一冊を

f:id:keibunshabanbio:20170518155008j:plain

『70センチの目線』小学館集英社プロダクション

こどもの目線が描かれた、とても素敵な内容の写真集です。心癒されますよ。

 

夏は目の前まで近づいて来ましたが、新緑の風が心地よいこの季節を、もう少し楽しみたいですね。

それでは。

 

バンビオ店 星山

『へろへろおじさん』(佐々木マキ/福音館書店)パネル展 開催中です

f:id:keibunshabanbio:20170514233043j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170514233521j:plain

 

佐々木マキさんの絵本『へろへろおじさん』のパネル展がスタートしました。

 

「このおじさん、今日はとことんツイてない。友だちに手紙を出そうと思っただけなのに、家を出ようとしたら階段を転げ落ち、道を歩けば空からマットが降ってくる。さらには道の向こうからとんでもないものが……!もはや体はよろよろ、手紙はしわくちゃ。おじさんは身も心もすっかりへろへろです。」

 

神戸出身で、現在は京都にお住まいの佐々木マキさん。『やっぱりおおかみ』や、『ムッシュ・ムニエル』シリーズ、『ぶたのたね』シリーズ、『ねむいねむいねずみ』シリーズなど、たくさんの絵本を発表されています。村上春樹さんの著作をはじめとした、イラストレーターとしての多数の装画や挿絵も有名ですね。ちょっとナンセンスでなんだか可笑しくて笑ってしまう、佐々木マキさんが生み出す絵本たち。『へろへろおじさん』も、あまりに不運続きで気の毒なおじさんの姿に「もう勘弁してあげて!」と同情しつつも、ついつい笑ってしまいます。その展開はお約束のコントを見ているかのようです。

f:id:keibunshabanbio:20170514233144j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170516031318j:plain

 

私の好きな場面。まさかの突然のブタ登場。これは何度見ても笑ってしまいます。

f:id:keibunshabanbio:20170516031355j:plain

 

こちらも印象的な場面のひとつ。いままでの不運はなんとか我慢できても、自分をなぐさめるためのアイスクリームまで落としてしまうなんて、私もこれは耐えられない!おじさーん…!(ちなみにハッピーエンドなのでご安心を。)

f:id:keibunshabanbio:20170516031404j:plain

 

今回はその『へろへろおじさん』の全場面と、その下には同じ場面を描いたラフスケッチを展示しています。「このスケッチがこうなるのか」と興味深くご覧いただけるはずです。さらには全場面が1枚に収められているラフや、「こどものとも」発行時の折込付録のインタビューもパネルにして展示中です。ラフや構成図とあわせてストーリーを追っていくと、『へろへろおじさん』誕生までの佐々木マキさんの頭の中を覗かせてもらっているような気分になります。

f:id:keibunshabanbio:20170514233129j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170514233210j:plain

 

また、『へろへろおじさん』の他にも、佐々木マキさんの手がけた絵本やその他の作品も集めています。佐々木さんの絵本に登場する人気キャラクターが集合したマスキングテーブなんてのもあります。

f:id:keibunshabanbio:20170514233154j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170514233503j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170514233508j:plain

 

『母の友 2016年9月号』に掲載されている佐々木さんのインタビューには『へろへろおじさん』についてこんなことが書かれています。

「あのおじさんも最後、なんとかなるでしょう?あの人も運の悪い人じゃなくて、ほんとは運のいい人なんですよ。あの本を読んで、おじさんがかわいそうだから、笑っちゃいけないんじゃないか、と思う人もいるようですが、なにしろ基本的に運のいい人なんですから、笑っていいんですよ。」

そう、へろへろおじさんは実は運のいい人なのです!最後の展開を見ると確かにそうですね。この話を聞いてからはより笑えるようになりました。

 

読めば読むほど親しみが湧く絵本『へろへろおじさん』。佐々木マキさんの描くその世界をぜひごゆっくりお楽しみください。

 

=======

『へろへろおじさん』パネル展

会期:5月15日(月)〜6月中旬頃

場所:恵文社バンビオ店

 

 

(津村)

2017年4月ランキング

 

f:id:keibunshabanbio:20170511034244j:plain

 1  蜜蜂と遠雷(恩田陸/幻冬舎)

2  いのちの車窓から(星野源/KADOKAWA)

3  今日の人生(益田ミリ/ミシマ社)

4  有頂天家族  二代目の帰朝(森見登美彦/幻冬舎文庫)

5  嫁入り(佐伯泰英/ハルキ文庫)

6  騎士団長殺し第2部 遷ろうメタファー編

   (村上春樹/新潮社)

7  京都寺町三条のホームズ7(望月麻衣/双葉文庫)

8  リバース(湊かなえ/講談社文庫)

9  夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦/角川文庫)

10 だるまさんシリ-ズ「が・の・と」(3点セット)

  (かがくいひろし/ブロンズ新社)

(集計期間 2017/4/1〜4/30)

 

2017年4月のランキングは以上のような結果となりました。

1位は『蜜蜂と遠雷』。

1月のランキングでもご紹介した直木賞受賞のこちらの作品が、2017年の本屋大賞を受賞したことで再度注目が集まり、1位になりました。 ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命そして音楽を描いた読み応えのある物語。登場する曲をBGMに流しながら読むのもよさそうな1冊です。

f:id:keibunshabanbio:20170511034320j:plain

 

2位は『いのちの車窓から』。

音楽家であり、役者であり、文筆家である、大人気の星野源さん。雑誌「ダ・ヴィンチ」連載中のエッセイが書き下ろしを加えて1冊の本になりました。今回のエッセイは今までとはちょっと違う!これまでのエッセイが、独特の笑いやユーモアを詰め込みながら自分自身のことを中心に描いたものだとすると、今回のエッセイは、周囲の人々や日常の景色、ある日の出来事などが、星野源という「車窓」を通して静かに丁寧に描写されています。誠実でまっすぐこちらに届いてくる言葉の数々から、星野源という人の魅力が伝わります。ちなみに表紙の絵は数字の「1」を表しているそう。いつか出るかもしれない「2」を楽しみに待ちましょう。

f:id:keibunshabanbio:20170511034419j:plain

 

 3位は『今日の人生』。

ミシマ社のWEB雑誌 「みんなのミシマガジン」連載中の人気エッセイ4年分が、描き下ろしを加えて1冊の本になりました。むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も…。益田ミリさんの人生がつまった今回のエッセイは、初めて「死」についての描写も。何気ない日々のかけら、小さな出来事の積み重ねがとても愛おしくかけがえのないものに思えます。思わず手にとりたくなるビビットで存在感のある装丁もすてきな1冊です。

f:id:keibunshabanbio:20170511034341j:plain

 

 

9位は『夜は短し歩けよ乙女』。 

現在映画公開中の森見登美彦さんのこちらの作品が9位にランクインしました。発売はなんと2008年。もう9年も経つんですね。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれました。「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めます。が、待っているのは個性溢れる曲者たちとの珍事件の数々。京都を舞台に繰り広げられるキュートでポップな恋愛ファンタジーです。本編に登場する絵本『ラ・タ・タ・タム』や、3位にランクインしたアニメ放送中の『有頂天家族 二代目の帰朝』もご一緒にどうぞ。

f:id:keibunshabanbio:20170512035005j:plain

 

10位は『だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)』。

 赤ちゃんから楽しめる大人気の絵本『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』の3冊セットがランクイン。「だ・る・ま・さ・ん・が(の)(と)」・・・! ページをめくるたび思わず笑いがはじけるユーモアたっぷりのだるまさん。赤ちゃんも大人も思わず笑顔になる、ファーストブックにピッタリの絵本です。贈り物にも喜ばれる、とびきりゆかいな「だるまさん」シリーズです。

f:id:keibunshabanbio:20170511034530j:plain

 

以上、4月のランキングでした。

5月といえばゴールデンウィーク。気温もぐんぐん上がり、空の高い、晴れやかな日が増えてきました。5月はどんな作品がランクインしているのでしょうか。次回のランキングもどうぞお楽しみに。

 

(津村)