読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年4月 月間ランキング

f:id:keibunshabanbio:20160516023202j:plain

1     羊と鋼の森(宮下奈都/文藝春秋)

2  わたしのじてんしゃ(益田ミリ・平澤一平/ミシマ社)

3  夢幻花(東野圭吾/PHP文芸文庫)

4  幸せになる勇気(岸見一郎/ダイヤモンド社)

5  おやすみ、ロジャー(カール・ヨハン・フォルセン・エリーン/飛鳥新社)

6  戦国時代のサバイバル(トリル・チームガリレオ・河合敦/朝日新聞出版 )

7  嫌われる勇気(岸見一郎/ダイヤモンド社)

8  天才(石原慎太郎/ダイヤモンド社)

9  君の膵臓を食べたい(住野よる/双葉社)

10 はやくはやくっていわないで(益田ミリ・平澤一平/ミシマ社)

 

(集計期間 2016/4/1-4/30)

  

 当店4月のランキングは以上の結果となりました。

 今月のランキングは先月ランクインしていた作品がなんと6作品もそのままランクインするという結果でした。ロングセラーになりそうな予感...!

 

 1位は『羊と鋼の森』。

 2016年の本屋大賞で1位に輝いたこちらの作品が当店でも1位となりました。

 ピアノの調律に魅せられたひとりの青年が、調律師として人として成長する姿を、優しく静謐な文章で綴った物語。調律という職人仕事に懸命に取り組む主人公の心理がとても丁寧に描かれており、読んでいくうちに調律の深い深い世界に引き込まれます。内容だけでなく、文章そのものがとても透明感に溢れて美しく、読んでいるあいだ中、ピアノの音色が聞こえてくるようでした。読後は、なんとも優しくて清々しい気持ちにさせられ、久しぶりにピアノに触れ、ピアノの音を聞きたくなりました。静かで凛としたピアノ調律の世界、まだの方はぜひ味わってみてください。

 ちなみに、本屋大賞とは、全国の書店員が今いちばん売りたい本を選び投票する書店発信のランキングです。2004年にスタートし、今年で13回目になりました。実際に本を売る立場の書店員が選ぶ作品ということで注目を集めています。今年は1位が上記『羊と鋼の森』で、当店で9位にランクインしている『君の膵臓をたべたい』(住野よる/双葉社)が2位、『世界の果てのこどもたち』(中脇初枝/講談社)が3位という結果でした。直木賞や芥川賞などとはまた違った作品が並ぶ本屋大賞、ぜひチェックしてみてください!!

f:id:keibunshabanbio:20160517010602j:plain

 

 6位は『戦国時代のサバイバル』。

 子どもたちに大人気のサバイバルシリーズから、歴史シリーズが登場しました。3月にその第1弾として弥生時代、戦国時代、幕末の3冊が同時に刊行されましたが、当店では戦国時代がダントツの人気でした。戦国時代にタイムスリップした現代の小学生たちが、織田信長や武田信玄などの戦国大名と出会い、歴史を学んでいきます。フルカラーで読みやすく、小ネタも満載!歴史が苦手なお子さまでも楽しく読める1冊です。5月には飛鳥時代が発売され、今後も続々と時代別に発売される予定です。先行予約や全巻購入の方には嬉しいプレゼントもあるとのこと。親子で、家族で一緒に、楽しく歴史を学べる1冊です。

f:id:keibunshabanbio:20160516024009j:plain

f:id:keibunshabanbio:20160516023939j:plain

 

 10位は『はやくはやくっていわないで』。

 2位の絵本『わたしのじてんしゃ』とともに、益田ミリさんと平澤一平さんコンビの絵本2冊がランクインしました。4月におふたりをゲストにお迎えして開催したスペシャルおはなし会は、たくさんの方にお越しいただき、おかげさまで大盛況!(イベントの様子はこちらから)。また、パネル展ではたくさんのちびっ子たちがオリジナルのお絵描きを披露してくれたおかげで、当店オリジナルのにぎやかなパネルが完成しました。みなさんありがとうございました!

『はやくはやくっていわないで』は子育て中のおかあさんにぜひ読んでいただきたい絵本。ついつい言ってしまう「はやく!」の言葉。タイトルだけでドキッとさせらます。読めば、自分の子育てを振り返りつつ、きっと子どもに対して、そして自分に対して、優しい気持ちになるはずです。ぜひお手に取ってご覧ください。

f:id:keibunshabanbio:20160516023346j:plain

 

 以上、4月のランキングでした。ゴールデンウィークもあり賑やかな雰囲気が流れる5月。いったいどんな作品がランクインしているのでしょうか。来月のランキングもどうぞお楽しみに!

 

 

(津村)

5月のおはなし会を行ないました & 6月のお知らせ

イベント

毎月恒例のおはなし会を開催いたしました。

ぽかぽかを通り過ぎて暑いぐらいの日でしたね。

半袖のお客様もいらっしゃいました。

 

===プログラム

てあそび 「はじまるよ」

 

絵本 『しろくまちゃんのほっとけーき』 若山憲/こぐま社

絵本 『クッキー・サーカス』 たむらしげる/復刊ドットコム

絵本 『せんたくかあちゃん』 さとうわきこ/福音館書店

絵本 『ないしょのかくれんぼ』 ビバリー・ドノフリオ文/

                バーバラ・マクリントック絵/

                福本友美子訳/ほるぷ出版

===

 

今日も「はじまるよ」のてあそびからおはなし会はスタート。

f:id:keibunshabanbio:20160508021213j:plain

「手はおひざ~♪」

さて、今日はどんなおはなしが待っているでしょう? 

 

最初の絵本は『しろくまちゃんのほっとけーき』。

しろくまちゃんがおかあさんと一緒にホットケーキを作ります。

f:id:keibunshabanbio:20160508021429j:plain

擬音語がたくさん出てくるのも、この絵本の楽しいところ。

f:id:keibunshabanbio:20160508021503j:plain

できあがったホットケーキはお友達のこぐまちゃんと一緒に食べます。ふわふわのホットケーキ、とってもおいしそうでした。

ホットケーキを誰かと一緒に作って、食べたくなる絵本でした。もちろん、後片付けまで一緒に!

 

2冊目の絵本は『クッキー・サーカス』。

2冊続けておいしそうな絵本。ぼくが作ったクッキーを焼いていると、オーブンの中から音楽が・・・。

f:id:keibunshabanbio:20160508021933j:plain

まさかクッキーが本物のサーカス団になるなんて!

クッキーの甘い香りが漂ってきそうな、楽しい絵本でした。

 

お菓子にちなんだ本の紹介もしてくださいました。

『クマくんのおめでとうクッキー』 柳生まち子/福音館書店

『デコを楽しむ カップケーキ クッキー』 Doze Life/池田書店

 

3冊目は『せんたくかあちゃん』。

今日は母の日だということで、「お母さん」が出てくる絵本です。

なんでも洗濯してしまう、「せんたくかあちゃん」。

服はもちろんのこと、イヌ、ネコ、ソーセージ・・・。

なんと、かみなりさままで洗濯してしまうのです!

f:id:keibunshabanbio:20160508022306j:plain

洗濯したあとのような、すがすがしい気持ちになれる絵本です。

 

最後は『ないしょのかくれんぼ』。

f:id:keibunshabanbio:20160508022908j:plain

マリアとネズミのネズネズは同じ家に住む、ないしょのおともだち。

寝る準備をおえて、2人はママを呼びます。

「ママ!」「マーマー!」

しかし、ママからの返事はありません。

いったいママたちはどこへ行ってしまったのでしょう?

f:id:keibunshabanbio:20160508023036j:plain

細部まで丁寧に描かれた絵もこの絵本の魅力です。

さあ、ママたちは見つかるでしょうか?

 

今月のおはなし会はこれでおしまい。

6月はどんなおはなしに出会えるでしょうか。

皆様のご参加、お待ちしております!!

 

===

6月のおはなし会

12日(日)午後時から(参加自由)

===

 

(大川)

 

 

 

 

 

「福音館書店のむかしばなしフェア」開催中です

 

f:id:keibunshabanbio:20160509030611j:plain

f:id:keibunshabanbio:20160509034006j:plain

  当店にて開催中の「福音館書店のむかしばなしフェア」のご紹介です。

 

 子どもの頃に読んで、今も心に残っている昔話はありませんか?私にとってのそれは『さんまいのおふだ』。絵がおどろおどろしく、おはなしも怖いのに、ついつい何度も読んでしまう。恐ろしくもありながらとぼけていてユーモアがある。そんな昔話の不思議で豊かな世界に、子どもながらに大事な何かが潜んでいる気配を感じ、魅了されていたように思います。

f:id:keibunshabanbio:20160509030034j:plain

 

 昔話は、長い歳月をかけ、人々の口で語られ耳で聞くことで伝承されてきたおはなしです。

 日本人が語り伝えてきた昔話には、日本の農村、漁村、山村の風景が語られています。そこでは動物たちが人間を相手に仕事を手伝ってくれたり、かと思うと脅かしてみたり、いろいろなことをして関わります。そして、自然そのものが神様としていろいろな姿であらわれます。庶民の楽しみでもあった昔話ですが、その中には厳しい時代を生き抜いてきた先人の知恵や願いがこめられています。

 どんどん複雑になる今の時代だからこそ昔話から教わることがとても多いように思います。昔話を子ども時代にたっぷり味わうことが、将来、人生の難問にぶつかっても、しなやかにたくましく乗り越える力を育むことにつながり、また昔話の豊かな世界が子育てをする親をも教え導いてくれるように私は感じます。ぜひ、親子で、ご家族で、日本の昔話をじっくり味わってみてください。まだまだ知らないおもしろいお話がたくさんあるはずです。知っているお話を改めてじっくり味わうのもいいですね。

f:id:keibunshabanbio:20160509015440j:plain

f:id:keibunshabanbio:20160509015507j:plain

f:id:keibunshabanbio:20160509034011j:plain

 

 

以下、当店で開催中の「福音館書店のむかしばなしフェア」より数点ご紹介いたします。

f:id:keibunshabanbio:20160509030053j:plain

『はちかづきひめ』(長谷川摂子 再話/中井智子 絵)

一生鉢を被っていなくてはならない不遇な娘の物語。真実の愛が成就した時に奇跡はおこる。室町時代から伝わる日本のシンデレラ物語を美しい日本画でお届けします。

 

f:id:keibunshabanbio:20160509030317j:plain

『かえるをのんだととさん』(日野十成 再話/齋藤隆夫 絵)

  腹の痛くなったととさんは、寺の和尚に相談に行くと「腹に虫がいるから蛙をのむといい」と言われ、蛙をのみこみます。その後、蛇、雉、猟師、鬼と次々にのみこみ、最後は……。

 

f:id:keibunshabanbio:20160509030330j:plain

『ねずみのおよめさん』(小野かおる 再話・絵)

ネズミの夫婦が大事な娘の婿にと、世界で一番偉いものを探します。おひさま、雲、風……と次々にお願いして、最後にたどり着いたのは……。 

 

f:id:keibunshabanbio:20160509030721j:plain

『おんちょろちょろ』(瀬田貞二 再話/梶原俊夫 絵)

一夜の宿を貸した男の子がでたらめに作ったお経を、熱心に唱え続けた老夫婦。その「ありがたいお経」が泥棒たちを退散させます。

 

f:id:keibunshabanbio:20160509030618j:plain

『ちゃあちゃんのむかしばなし』(中脇初枝 再話/奈路道程 絵) 

こちらは読み物です。「ちゃあちゃん」こと中脇初枝さんが、子ども時代を過ごした高知県四万十川流域に伝わる昔話を、全国の子どもたちにも楽しんでほしいとの願いを込めて再話しています。「かちかち山」「さるかに合戦」などおなじみのお話から、この地方ならではのお話まで、時代を越えて愛されてきた昔話のなかから50話を選んでいます。

 

 

 いかがでしたでしょうか?この他にもたくさんの魅力的な昔話絵本をご用意しています。ガイドブックもありますのでぜひお手に取ってご覧ください。

f:id:keibunshabanbio:20160509034022j:plain

 

 また福音館書店「こどものとも絵本」の昔話をお買い上げいただいた方には、先着で以下の丸いPOPをプレゼント中です。3つともかわいい!!どれがあたるかはお楽しみ。数量限定なのでお早めにどうぞ。

f:id:keibunshabanbio:20160509034046j:plain

 

 

時代を超えて語られ伝えられてきた、聞いて楽しい、読んで楽しい昔話。ぜひ皆様でその豊穣な世界をお楽しみください!!

 

 (津村)