バンビオ店のお店便り(12月ランキング)

今週の「バンビオ店のお店便り」は12月のランキングをお届けします。

 

=========================

f:id:keibunshabanbio:20180110081235j:plain

1  漫画君たちはどう生きるか

  (吉野源三郎 著・羽賀翔一 絵/マガジンハウス)

2  ぼくのつくりかた(たけうちちひろ/出版ワークス)

3  こわいもの知らずの病理学講座(仲野徹/晶文社)

4  モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット

  (佐久間健一/サンマーク出版)

5  九十歳。何がめでたい(佐藤愛子/小学館)

6  悲嘆の門 上(宮部みゆき/新潮文庫)

7  ノラネコぐんだんアイスのくに(工藤ノリコ/白泉社)

8  世界を変える美しい本(ブルーシープ)

9  だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

  (かがくいひろし/ブロンズ社)

10 子どもに食べさせたいすこやかごはん

  (おかあさんの輪/暮らしの手帖社)

 

12月のランキングは以上のような結果となりました(集計期間 2017/12/1〜12/31)。

 

1位は先月と同じく、1937年に出版されて以来数多くの人に読み継がれてきた吉野源三郎さんの名作『君たちはどう生きるか』を漫画にした『漫画 君たちはどう生きるか』(吉野源三郎 著・羽賀翔一 絵/マガジンハウス)でした。

f:id:keibunshabanbio:20171206082627j:plain

 

2位は『ぼくのつくりかた』(たけうちちひろ/出版ワークス)。

12月に当店にて原画展とワークショップを開催した、たけうちちひろさんの2016年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選作『ぼくのつくりかた』が2位にランクイン。楽しい音があふれる工場。色とりどりの材料が迷路のような工場で次々と動物に変身します。 切り絵で丁寧に作り込まれた、賑やかでちょっと不思議な色と音の世界。大人も子どもも一緒にすみずみまでじっくり楽しめる絵本です。(原画展の様子はこちらから。ワークショップの様子はこちらから )。 

f:id:keibunshabanbio:20180110082330j:plain

 

3位は『こわいもの知らずの病理学講座』

大阪大学医学部で教鞭をとる著者が、学生相手に行っている「病理学総論」の内容を近所のおっちゃんやおばちゃんに読ませるつもりで書き下ろした、おもしろ病理学講義です。人は一生の間、一度も病気にならないことはありえません。人は必ず病気になって死にます。だとすれば、病気の成り立ちをよく知って、病気とぼちぼちつきあって生きるほうがいいはず。大脱線に次ぐ脱線。雑談をまじえながら病気のしくみを笑いとともに解説する1冊です。

f:id:keibunshabanbio:20180110082308j:plain

 

8位は『世界を変える美しい本』。

世界中の本好きを魅了する、南インドの出版社「タラブックス」。日本でも『夜の木』や『水の生きもの』など10冊以上の絵本が翻訳出版され、ファンを広げています。こちらは2017年11月から板橋区立美術館で開催された『世界を変える美しい本 タラブックスの挑戦』展の公式図録です。タラブックスが生み出す本の魅力の全貌を伝える初のビジュアルブックで、代表作の撮り下しや絵本の原画、画家たちの制作風景、印刷工房の様子など、多数の写真でタラブックスの本の生まれる土壌を紹介しています。当店でもフェアを開催しており(詳細はこちらから)、多くのお客様にお手に取っていただいています。『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』や、この本の共著者であるKAILASさんのインド雑貨もあわせて販売中です。使い勝手の良さそうな日用品から、かわいくってちょっと変な置き物まで。図録とあわせてお楽しみください。

f:id:keibunshabanbio:20180110082525j:plain

 

10位は『子どもに食べさせたいすこやかごはん』。

アレルギーの子どもを持つひとりのおかあさんの呼びかけで集まったゆるやかなつながりの仲間たち「おかあさんの輪」が考えた愛情いっぱいのごはんの本です。健康に育つカギは「和食」。身近な食材を使ったかんたんな調理で、大人もうれしい昔ながらの86品を紹介しています。この本を見ながら、お子さんと一緒に作って食べれば、あったかい時間を過ごせそうです。 前作『子どもに食べさせたいおやつ』とあわせてぜひご覧ください。

f:id:keibunshabanbio:20180110082245j:plain

 

 以上12月のランキングでした。

来月は2018年最初のランキングです。お正月でゆっくりされた方も多いであろう1月。芥川賞や直木賞の発表もあります。はたしてどんな作品がランクインしているのでしょうか。次回もおたのしみに。

 

(津村)

温泉と文学フェア、開催中です

冷たい風に肩をすくめて歩いてしまいます。

手足は冷える、肩はこる、寒い冬は温泉で温まりたい!

そんな気持ちから、温泉地が舞台の作品、温泉と文豪の関係が垣間見える本を集めてみました。

f:id:keibunshabanbio:20171225104200j:plain

 

その中から少しご紹介したいと思います。

 

『作家と温泉』 草なぎ洋平/河出書房新社

26人の作家と温泉の関係が1冊に!

温泉と文豪たちのエピソードとともに、入浴写真も見ることができる(!)ユニークな本です。

 

『温泉天国』 河出書房新社

こちらは作家たちが書いた温泉にまつわる随筆を集めたもの。

12月に発売された新刊です!

収録作品は32篇。

読みながら、坂口安吾さんはヌル湯が好きなのか、村上春樹さんはアイスランドの温泉か、とにっこり。

みんな温泉が好きなんだな、とほっこりします。

好きな作家さんは何温泉を訪れているのか、気になるあの温泉は誰が訪れたのか、楽しみ方はいろいろです。

f:id:keibunshabanbio:20180106060934j:plain

どちらの本も、文豪たちが訪れた温泉に行ってみたくなります。

 

『坊っちゃん』 夏目漱石/新潮文庫

「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」の書き出しで有名な『坊っちゃん』ですが、その作品中には道後温泉が出てきます。

中学の教師として赴任した地を田舎だと馬鹿にする坊っちゃんですが、温泉は別。

坊っちゃん、温泉をとても楽しんでいます。

道後温泉がある松山市内は「坊っちゃん」のパネル、像はもちろん、「坊っちゃん列車」、「坊っちゃん団子」と坊っちゃんづくし。

訪れる際は、ぜひ読んでみてはいかかでしょう?

 

他にも、「おくの細道」(松尾芭蕉)や「雪の夜」(織田作之助)、「温泉」(梶井基次郎)など、温泉が登場する作品はたくさん! 

f:id:keibunshabanbio:20180106061018j:plain

  「温泉」をきっかけに文学を楽しんでみませんか?

 

(大川)

「ふりかけをつくってみよう」ワークショップ開催のお知らせ

f:id:keibunshabanbio:20180114003117j:plain

 

現在開催中の加藤休ミさんが絵を担当した子どものための実用書『おいしくたべる』の原画展。

『おいしくたべる』ことをみんなでもっと楽しみたい!ということで、装丁を担当した矢萩多聞さんと一緒に「ふりかけをつくってみよう」のワークショップを開催します。

 

みんなが大好きなふりかけ。ごま、のり、かつおぶし、じゃこ...いろんな小さな食べものを、あつめて、まぜて、つめて、自分だけのふりかけを作っちゃおう!自分好みのマイブレンドふりかけに、ラベルを作ってはりつけたら、自分だけのオリジナルふりかけの完成です。

 

子どもも大人も一緒に「食べる」ことを楽しめるワークショップです。

 

詳細をご確認の上、店頭またはお電話にてお申し込みください。

皆さまのご参加をお待ちしております!

 


■ワークショップ「ふりかけをつくってみよう」

日:1月21日(日)

時間:①午前の部 11:00〜
   ②午後の部 14:00〜

講師:矢萩多聞

参加費:おひとり様700円(材料費込み)

定員:各回10名程度

対象:スプーンが持ててごはんが自分で食べられるすべての人

申込方法:店頭もしくはお電話(075-952-3421)にてお申し込みください

 

■加藤休ミ『おいしくたべる』原画展

日時:1月8日(月)-1月21日(日)15時頃

場所:恵文社バンビオ店 店内

 

f:id:keibunshabanbio:20180108015234j:plain

 

(津村)