読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年12月 月間売上ランキング

バンビオ店の本棚から

f:id:keibunshabanbio:20170117031749j:plain

1    ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部

   (J.K.ローリング/静山社)

2  ピタゴラ装置はこうして生まれるDVDブック

   (NHKエデュケーショナル/小学館)

3  どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法(Eiko/サンマーク出版)

4  かいけつゾロリの王子さまになるほうほう(原ゆたか/ポプラ社)

5  くらべる図鑑(小学館)

6  よるのばけもの(住野よる/双葉社)

7  やり抜く力(アンジェラ・ダックワース/ダイヤモンド社)

8  火災のサバイバル(スウィートファクトリー・韓賢東・Hana/朝日新聞出版)

9  首折り男のための協奏曲(伊坂幸太郎/新潮文庫)

10 つるとはな 4号(つるとはな)
 

(集計期間 2016/12/1-12/31)

 

あけましておめでとうございます。2016年は多くのお客様にご来店いただきありがとうございました。2017年も引き続き、恵文社バンビオ店をどうぞよろしくお願い致します。

 

それでは2016年12月の売上ランキングをお伝えいたします。

 

2位は『ピタゴラ装置はこうして生まれるDVDブック』。

 NHK Eテレ『ピタゴラスイッチ』の人気コーナー「ピタゴラ装置」。ピタゴラ装置がどうやって生み出されるのかを解説したDVD付きブックです。DVDには、2015年夏に放送された特集番組『ピタゴラ装置大解説スペシャル前半戦 後半戦』を完全収録。またブックでは、ピタゴラ装置がなぜ見るものの気持ちを捉えて離さないのか、その背景にある秘訣や作り方について4つのテーマから詳しく解説しています。自分流のピタゴラ装置をじっくり作ってみたくなる1冊。気になるおもちゃ「ピタゴラゴール1号」「荷物をのせるとはしるでス―」とあわせてどうぞ。

f:id:keibunshabanbio:20170117033332j:plain

 

6位は『よるのばけもの』。

『君の膵臓をたべたい』『また、同じ夢を見ていた』の住野よるさんの最新作です。夜になると化け物になる僕。ある日化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこみ、そこでクラスメイトのひとりぼっちの少女と出会います。いじめの問題を住野さん独特の世界観で鋭く描いた作品です。

f:id:keibunshabanbio:20170117033530j:plain

 

7位は『やり抜く力』。

アメリカ社会に絶大な影響を与えた、成功と目標達成の画期的な理論をまとめた1冊。IQでも才能でもない、成功に必要な第3の要素 「やり抜く力」。そのやり抜く力を自分で身につける方法や、子どもなどの他人のやり抜く力を伸ばす方法等を徹底的に明らかにしています。

f:id:keibunshabanbio:20170117033605j:plain

 

10位は『つるとはな 4号』。

年上の先輩の話を聞く小さな場所として創刊された雑誌「つるとはな」の最新号がランクイン。ボランティア活動歴50年の喜谷昌代さん、毎日富士山へ登る佐々木茂良さん、歌うアラ‘古希’「トワイライトシスターズ」、初代仮面ライダー藤岡弘さん、染色家の柚木沙弥郎さんなど、今号も先輩方の味のあるお話をたくさん聞くことができます。認知症の症状を改善するといわれているピンポン(卓球)のお話なんてのも。人生のおもしろさや知恵が詰まった濃い内容は、歳を重ねていくおもしろさを教えてくれます。

f:id:keibunshabanbio:20170117033402j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170117033427j:plain

 

以上、12月のランキングでした。次回2017年最初の1月はどんな本がランクインしているのでしょうか?どうぞお楽しみに!!

 

(津村)

 

【絵本の棚より】「冬のえほん」フェア開催中です。

絵本 フェア

f:id:keibunshabanbio:20170117033757j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170117033810j:plain

全国的に雪で冷え込んだ週末。京都もあたり一面真っ白になりました。街のあちこちで個性的な雪だるまをみかけました。たくさんの子どもたちが雪遊びを楽しんだようですね。

児童書売場では「冬のえほん」フェアを開催しています。冬、雪、マフラーに帽子に手袋、さらにお風呂など、この時期に楽しみたい絵本が大集合!冬の寒さや冷たい空気を感じるのはもちろんですが、それだけでなく、不思議とぬくもりも感じられる冬の絵本。温かい部屋でゆったりと楽しみたいものです。

 

以下「雪」をテーマにいくつかピックアップしてご紹介します。

 

 

『ゆき』ユリ・シュルヴィッツ 作絵/さくまゆみこ 訳(あすなろ書房)
どんより灰色に染まった街の灰色の空から雪がひとひら舞い降ります。男の子は喜びますが大人達は冷めた様子。ひとひらひとひら舞い降りる雪がだんだんと降り積もり、灰色だった街を白銀の世界に変えていきます。雪が降るのが嬉しくてたまらない男の子の姿を通して、誰もが感じる雪の日の何ともいえないワクワクした気持ちと、雪の日の空気感や気配をそのまま閉じ込めたような絵本。『よあけ』で有名なシュルヴィッツの絵本です。雪の日の美しさと高揚感を存分に味わえます。

f:id:keibunshabanbio:20170118015428j:plain

 


『はたらきもののじょせつしゃけいてぃー』バージニア・リー・バートン 作絵/石井桃子 訳(福音館書店)
けいてぃーはキャタピラのついた赤いトラクター。除雪機をつけると雪をかきのけることができますが、雪の少ない時期はじっと待っていなければいけません。ある日大雪がふり、ほかの雪かきトラックは動けなくなりました。学校も店も病院も消防署も電話局も雪で覆われてしまい、街は真っ白に。さあ、けいてぃーの出番です!けいてぃーの颯爽とした活躍ぶりに興奮。街が雪で真っ白に覆われてしまった次の瞬間、真っ白のページに登場する真っ赤なけいてぃーのには思わず感動します。細部まで書き込まれた絵も楽しく見応えたっぷりです。『ちいさいおうち』などでおなじみのバートンの絵本です。

f:id:keibunshabanbio:20170118015453j:plain

 


『ゆきのひ』エズラ・ジャック・キーツ 作絵/木島始 訳(偕成社)
朝、ピーターが目をさますと窓の外は雪景色。ピーターは赤いマントをきて外へ飛びだし、雪おとしや雪だるまなどの雪遊びを楽しみます。雪が降った朝、景色が真っ白になっているのを見た時のドキドキする胸の高鳴りや雪の中へ足を踏み入れていく時のワクワクする嬉しい気持ちが伝わってくる絵本。絵は作者のキーツならではの美しい貼り絵が使われています。真っ白の雪景色とピーターの真っ赤なマント。色づかいも印象的な絵本です。

f:id:keibunshabanbio:20170118015441j:plain

 


『ゆきがやんだら』酒井駒子 作絵(学研)
今日は朝から雪が降り続き保育園はお休み。帰ってくる予定だったお父さんの飛行機もとまってしまい、ぼくとお母さんの二人きり。外はすっかり雪に覆われて一面真っ白の雪景色。いつもとは違う別世界の特別な時間が過ぎていきます。しんしんと雪が降り積もる静かな1日が親子の姿を通じて描かれています。お母さんとぼくのやりとりに心が温かくなる絵本です。優しくて少し切ない雰囲気の酒井駒子さんの絵に引き込まれます。

f:id:keibunshabanbio:20170118015525j:plain

 


『ゆきのうえゆきのした』ケイト・メスナー作/クリストファー・サイラス・ニール 絵/小梨直 訳(福音館書店)
雪の上でスキーを楽しむお父さんと女の子。「雪の上は静まりかえってまっ白だけど、雪の下にはまったく別の秘密の世界があって、いろんな生き物たちがくらしている」。お父さんは女の子に雪の下のことを教えます。地面の上と地面の下を対比させながら美しい絵とともに場面が進みます。雪の上で静かに冬を過ごしている動物もいれば、雪の下で春を待つ小動物たちもいる。普段、目がいきがちな雪の上のことだけでなく、雪の下のことも対比しながら教えてくれる絵本です。

f:id:keibunshabanbio:20170118015542j:plain

 


『ゆき』きくちちき 作絵(ほるぷ出版)
しろくて、きれいで、つめたいゆき。生き物にとって、ときに命をはぐくむ助けとなり、ときに命をうばう雪。作者のきくちちきさんが生まれ育った北海道の大地を舞台に、晩秋の森に雪が降り始め、やがて一面の雪に閉ざされるまでを、ダイナミックに描いた絵本です。きれいだけれどもおそろしく、ダイナミックだけれども繊細で柔らかい、そんな雪の多様な表情をページ全体から感じることができます。動物の温度や子どもたちの温度、不思議と雪の温かさまで感じることができる絵本です。

f:id:keibunshabanbio:20170118015511j:plain

 

この他にもたくさんの冬の絵本をご用意しております。寒い日に恋しいお風呂の絵本も多数(手ぬぐいもあります!)。ぜひお手に取ってご覧いただき、お気に入りの1冊を見つけてくださいね。

 

ご来店お待ちしております。

 

f:id:keibunshabanbio:20170117033852j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170117033901j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170117033937j:plain

 

(津村)

12月のおはなし会を行ないました & 1月のお知らせ

イベント 絵本

吐く息が白くなり、冬が来たなと実感させられます。

 

そんな中、12月のおはなし会を開催いたしました。

今月のおはなし会には、今の季節にぴったりなおはなしも登場しました。

 

===プログラム

 手あそび

パネルシアター『こぶたのアーノルド』 ミック・インクペン/小学館

絵本『カチンコチン!』 新井洋行/こばやしゆきこ/くもん出版

絵本『クリスマスにはおくりもの』 五味太郎/絵本館

===

 

まずは、手あそびゲームから。

f:id:keibunshabanbio:20161211021511j:plain

「お父さん、お父さん、どこにいますか~?」

「ここです、ここです、ここにいますよ~」

指を使ってゲームしました!

手あそびでわくわくした気持ちを高めたところで、ひとつめのおはなしへ。

 

ひとつめのおはなしは『こぶたのアーノルド』。

おしゃぶりをする、こぶたのアーノルドが犬のキッパーの家にやってきます。

f:id:keibunshabanbio:20161211021707j:plain

キッパーは、なんとかおしゃぶりをやめさせたいと思いますが、なかなかうまくいきません。

キッパーはかばのおもちゃ、ちいかばくんを「キュッキュッキュー」。

アーノルドも自分の指を「くちゅくちゅくちゅ」。

そんなアーノルドは、「箱」が好きみたい。

そこでキッパーはダンボールでお家をつくります。

f:id:keibunshabanbio:20161211022216j:plain

f:id:keibunshabanbio:20161211022232j:plain

これできっと指をしゃぶらなくなるはず!

さあ、どうなるでしょう?

 

ふたつめのおはなしは、『カチンコチン!』。

f:id:keibunshabanbio:20161211022505j:plain

ゆきちゃんのもとに遠い氷の国のママからおくりものが届きます。

雪のように真っ白な、雪ねずみのあちゅーです。

あちゅーには困った特徴が・・・。

あちゅーのくしゃみをあびると、カチンコチンに凍ってしまうのです!

f:id:keibunshabanbio:20161211022846j:plain

しかし、あちゅーは森の中に逃げ出してしまいます。

村中がカチンコチンになってしまう前に、なんとかあちゅーを見つけなければ・・・。

「はっくちゅー」というくしゃみにかかれば、歯のお手入れ中のドラキュラ男爵も、包帯を洗濯中のミイラも、みーんなカチンコチンに。

あちゅーは見つかるのでしょうか?

f:id:keibunshabanbio:20161211023149j:plain

 ちらっとしっぽが! どこかな?どこかな?

あちゅーを探すのも楽しい絵本でした!

 

最後のおはなしは、『クリスマスにはおくりもの』。

真夜中にサンタクロースがプレゼントを配りに出かけます。

f:id:keibunshabanbio:20161211023828j:plain

サンタクロースが女の子のくつしたの中にプレゼントを入れようとすると、なんと中に何かが!

f:id:keibunshabanbio:20161211023936j:plain

「おっ、やった!」と喜ぶサンタクロース。

すぐに開けたいのをぐっと我慢して、サンタクロースは、自分で自分のくつしたにおくりもの。

f:id:keibunshabanbio:20161211024045j:plain

サンタクロースの笑顔がとっても素敵です。

おくりものをもらうのはもちろん、おくりものをするのもいいな、と思える絵本です。

もうすぐクリスマスだったので、とてもぴったりなおはなしでした!

 

今年のおはなし会は、これでおしまい。

2016年はどんなおはなしに出会えたでしょうか?

 

2017年も楽しいおはなしにたくさん出会えますように。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

===

1月のおはなし会

日(日)午後時から(参加自由)

 ===

 

(大川)