読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「前田耕一郎さんの万華鏡フェア」好評開催中です

今月頭より始まりました京都在住  前田耕一郎さんによる万華鏡の展示販売は、一面を彩る大小様々の万華鏡に、搬入直後より子どもからご年配まで年齢性別を問わず多くの方々が足をとめ、思い思いに手にとる姿が実に微笑ましい限り。

f:id:keibunshabanbio:20140912155745j:plain

 

 今回ご出展いただいた前田さんおすすめの万華鏡はこちら。

f:id:keibunshabanbio:20140830063748j:plain

 先端にガラス球を取付た小ぶりな万華鏡は、真鍮のパイプを半田でコーティングし合皮の紐をつけたペンダントタイプ。銅のワイヤー装飾は1点ずつ異なるのでお好きなものをお選びいただけます。ワイヤーであしらわれるデザインはその日の気分でイメージされるそうですよ。すでに残り少ないので気になる方はどうぞお早めに!本体3000円。

 

そして近づく敬老の日の贈り物に、当店よりおすすめの万華鏡はこちらです。

f:id:keibunshabanbio:20140830063119j:plain

先端にオイル棒を取付け、色とりどりのステンドグラスが施されたこちらのタイプは、砂時計のようにガラス棒の中身が落ちてくる様を三面鏡で楽しむ万華鏡。中をのぞくと、絶え間なくあがる打ち上げ花火を間近で覗いているかのように煌めく世界が広がります。ガラス棒にはグリセリン液が入っているため、柄の変化がゆっくりなのも特徴。上品で高級感あるステンドグラスの万華鏡は、特別な日の贈り物におすすめです。本体5500円。

 

今回並んだ万華鏡は大きくわけて3種類。【筒をまわして中の飾り柄をたのしむ一般的な万華鏡(セルスコープ)】と【筒をまわしてガラス球に映りこむ景色柄をたのしむ万華鏡(テレイドスコープ)】と【先端のガラス棒を上下にし落ちてくる飾り柄をたのしむ万華鏡(ワンドスコープ)】の3つだそうです。その仕組みの中でさらに、三面鏡の角度や、万華鏡の大きさ、絹糸やステンドグラスなど筒の装飾素材などの多様な工夫によって、昔懐かしい万華鏡ではありながら新鮮な世界を楽しませてくれます。本体1500円~。

 

ガラス球(テレイドスコープ)の万華鏡で「店内照明をのぞくととても綺麗」と前田さん。

f:id:keibunshabanbio:20140830063231j:plain

窓際に並んだ円いステンドグラスをまわしながらガラス球(テレイドスコープ)の万華鏡をのぞくのが前田さんおすすめの楽しみ方。当店白壁に映えるステンドグラス窓の外観とも調和しとても素敵!

 f:id:keibunshabanbio:20140830063149j:plain

こちらは展示用の万華鏡エリア。一番左は4面鏡をのぞき奥のステンドグラスをまわしてたのしみます。真ん中は、鏡の角度を広げたり狭めたりして一番シンプルな2面鏡の仕組みで柄の変化を楽しんで。

f:id:keibunshabanbio:20140831034947j:plain

こちらの万華鏡はのぞいた絵が膨らみを帯びたようにみえるのがおわかりでしょうか。先端に向かうにつれ三面鏡が細くなる構造によって魚眼レンズのような見え方で柄の変化をたのしめます。

 f:id:keibunshabanbio:20140831035046j:plain

たくさんご紹介させていただきました通り、万華鏡の美しさ、面白さが幾重にも広がる前田耕一郎さんのフェア。どうぞご来店いただき実際に手に取っていただけますよう皆さまのお越しをお待ちしています。

 

※ 週末9/14(日)の午後3時からは【万華鏡づくり体験)を行ないます(参加費650円)。お申し込みは075-952-3421まで。

===
前田耕一郎 万華鏡フェア
会 期 8/31(日)- 9/24(水)9:30-22:00
場 所 恵文社バンビオ店 入口右テーブル
===

f:id:keibunshabanbio:20140831034710j:plain

 

( 林 )