読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「こんなときのどうする書店」 オープンしました!

店内に屋台のような本屋さんが出現しました。

f:id:keibunshabanbio:20140612171911j:plain

日々の生活の中で「こんなとき、どうしよう?」と思う瞬間に出くわしたことありませんか? 解決できそうなんだけどちょっと難しい悩みを抱えたお客様、いらっしゃいませ~。

作家・ニシワキタダシさんがみなさんのちいさなお悩みをなんとなく解決するべく、店長に就任しました!著書『こんなときのどうする絵事典』で取り上げたお悩み相談をさらに掘り下げて、お役に立ちそうな本を世界に一枚だけの手描きPOPでふんわりご紹介します。

f:id:keibunshabanbio:20140613153752j:plain

例えば、こちらのお悩み。「占いで変な特徴をあてはめられてしまったとき」占いで変な特徴をあてはめられてしまい悩んだ経験をお持ちの方は多いはず。とくに、前世を「すこしよごれているたわし」といわれ悩んでいるあなた。

まずは『こんなときのどうする絵辞典』のページをめくってみましょう。ニシワキ店長からのやさしいアドバイスが見つかるはずです。結果を変更してもらえないか探ってみたり、もっと変な結果はないか、逆に占い返してみたり。それでもモヤモヤするというがんこなお悩みをお持ちのあなたには、こちらの一冊を処方いたします。

f:id:keibunshabanbio:20140612172051j:plain

『ねにもつタイプ』(岸本佐和子/ちくま文庫)

ヘンで面白い本ばかり翻訳している岸本さんの頭の中をのぞくエッセイ。仕事そっちのけで妄想に浸るその生活からは、役に立つ知識は得られないけれど必ず元気をもらえます。ニシワキタダシ店長の手描きPOPもじっくりごらんくださいね。

f:id:keibunshabanbio:20140612172004j:plain

ほかにも、「相手が一方的にしゃべるので割って入れないとき」「借りていた物をこわしてしまったとき」「たずねてきた人がネコが苦手だったとき」などきっと誰もが経験したことのあるささいな悩みを解決するべく、バラエティ豊かな選書でおまちしております。

悩みがちなあなたも、悩みなんて全然ないあなたも、笑顔になれる書店です。どうぞご来店ください。

期間中、もしかしたらニシワキ店長が出勤しているかも!?

 

 

(鳥居)