読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月のおはなし会を行ないました & 3月のお知らせ

イベント 絵本

ちょっと暖かくなったかなと思ったら、また寒い毎日に逆戻り。

ぽかぽか陽気が待ち遠しいです。

 

さて、2月も恒例のおはなし会を開催いたしました。

雪が降るとの予報だったのですが、とても良いお天気になりました。

たくさんのお客さまに来ていただき、賑やかな楽しいおはなし会になりました!

 

===プログラム

手あそび 「はじまるよ」

絵本 『そよそよとかぜがふいている』 長新太/復刊ドットコム

絵本 『まゆとおに』 富安陽子/降矢奈々/福音館書店

絵本 『ワニのワッフルケーキやさんワニッフル』 谷口智則/アリス館

絵本 『チョコのたね』 Goma/フレーベル館

絵本 『くつしたしろくん』 ザ・キャビンカンパニー/鈴木出版

===

 

はじまりはみんなの元気いっぱいな「はじまるよ」から。

f:id:keibunshabanbio:20170212021314j:plain

さあ、どんなおはなしが待っているでしょう?

 

ひとつめのおはなしは『そよそよとかぜがふいている』。

とっても手の大きなネコが主人公。

なんでかなあ。なんでかなあ。

f:id:keibunshabanbio:20170212021425j:plain

なんとこのネコ、なんでもおにぎりにしてしまうのです。

タヌキにばったりあうと、「ギュー、ギュー」とおにぎりに!

ライオン、ブタ、ワニ、そしてゾウまでが・・・。

 長新太さんの独特な世界を楽しめる絵本です。

 

ひとつめのおはなしに「おに」ぎりが出てきたので、次は「おに」が登場するおはなし、『まゆとおに』です。

「知ってる」の声もちらほら。

やまんばの娘、まゆはとっても大きな人に出会います。

その人はおに。しかし、まゆはおにを知りません。

お腹が空いたおには、まゆを大なべで煮て食べようと考えます。

一方、まゆは一緒に遊ぶ友だちができたと勘違い。

張り切っておにの手伝いをします。

たきぎを集めてくれ、と言われれば、松を根っこごと引き抜いて、バキバキ折ってたきぎにし、火のまわりに置く石を拾ってきてくれ、と言われれば、おにの岩屋を蹴って大きな岩を持ってきます。

f:id:keibunshabanbio:20170212022130j:plain

そんなまゆの怪力におもいっきりおびえながらも、食べるための準備を進めるおに。

さあ、まゆは、おには、どうなるのでしょう?

 

続いて、2月14日はバレンタインデーということで、あまーいおはなしをふたつ。

ひとつめは『ワニのワッフルケーキやさんワニッフル』。

「ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル」では、好きな食べ物をはさんでワッフルケーキを作ってくれます。

でも、作り方は絶対に秘密。

ワニのカップルは「ぜったいにあけないでね」と言って、扉の向こうでワッフルケーキを作ります。

f:id:keibunshabanbio:20170212023204j:plain

気になった動物たちはそーっと扉を開けてみることに。

おいしいワッフルケーキは、いったいどうやって作られているのでしょう?

 

ふたつめは『チョコのたね』。

f:id:keibunshabanbio:20170212023352j:plain

「へんてこパンや」のねずみさんは、チョコレートにはまっています。

「ハムサンドイッチください」と言われたはずなのに、「チョコハムサンドイッチ」を出したりと、お店はチョコパンだらけ。

めずらしいチョコパンにお客さんがたくさんやってきます。

しかし、何日かするとお客さんが来なくなってしまいました。

困ったねずみさんときつねさんの元に、チョコのたねが届きます。

チョコレートはどうやって作るのでしょう?

そして、お客さんがたくさんやってくるチョコレートのパンを作ることができるのでしょうか?

絵本に出てきたちょっとヘンテコなパンのレシピ付きです。

 

最後のおはなしは『くつしたしろくん』。

風に飛ばされてひとりぼっちになってしまったくつしたしろくん。

仲間を探します。

「ぼくをなかまにいれて」といろいろなくつしたに頼むのですが、 フラミンゴのくつしただったり、ありのくつしただったり・・・。

どのくつしたにも、すでに仲間がいるのです。

f:id:keibunshabanbio:20170212023955j:plain

えっ、こんなものまで?!と思うようなもののくつしたも登場します。

しろくんは無事仲間を見つけることができるのでしょうか?

 

2月のおはなし会はこれでおしまい。

寒さが吹き飛ぶような、元気いっぱいのおはなし会になりました!

 

3月はどんなおはなしに出会えるでしょうか。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

===

3月のおはなし会

12日(日)午後時から(参加自由)

 ===

 

 (大川)

バンビオのお店便り 3月第1週

 

気が付けばもう3月になりました。

 

ついこの間お雑煮を食べていた気がするのですが…

一年はあっという間ですね。

 

さて、今日はお菓子のレシピ本を数冊ご紹介します。

 

 

一冊目はこちら。 

f:id:keibunshabanbio:20170303042930j:plain

 若山曜子さんの『いちごのお菓子』 二月末に発売されたばかりの新刊です。

 

この本、美味しそうなレシピはもちろん、いちごについての豆知識が載っているので、

いつが旬なの?良いいちごの選び方は?

となる心配もありません。

 

 

二冊目はこちら。

f:id:keibunshabanbio:20170303042824j:plain

またまた若山曜子さんの本、『りんごのお菓子』です。

 

そろそろりんごの旬も終わり…という時期ですが、

皆様は今年、リンゴのお菓子、作られましたか?

私は今年も紅玉りんごに巡り会えず、歯痒い思いをしながらアップルパイを焼きました(この本のレシピを使いました)。

見つけた方、ぜひ教えて頂きたい!

 

 

最後、三冊目はこちら。

f:id:keibunshabanbio:20170303043055j:plain

 

またまたまた若山曜子さんの本、『ガトー・インビジブル』です。

 

帯にある通り、パリで話題の新感覚ケーキのレシピ本です。

薄く切った野菜や果物と、少量の生地を重ねて焼くこのケーキ、

フランス語で、「見えないケーキ」という意味だそう。

何が見えないのか、店頭で中をご覧になってお確かめください。

 

 

今回は一日遅れの金曜日に更新させて頂きました。

この週末、お買い物ついでにぜひお立ち寄り下さい。

 

(西原)

 

【絵本の棚より】「春の絵本」はいかがですか

絵本 バンビオ店の本棚から

f:id:keibunshabanbio:20170224031051j:plain

2月もあと少し。もうすぐ3月です。店の外の広場では桜の花が咲きはじめ、その美しさに目を奪われます。春はもうすぐ。足音が聞こえてきそうですね。

 

バンビオ店の児童書売場もすっかり「春」になりました。

春を待つ絵本や、春らしい絵本が大集合しています。

f:id:keibunshabanbio:20170224030937j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170224031018j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170224031030j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170224031036j:plain

雪どけやいちご、ちょうちょ、桜やたんぽぽ・菜の花などのお花、お昼寝など、春の季節を感じながら読みたい絵本を集めました。

 

あたたかい陽気に誘われて外に出たくなるこの季節。お子さまと一緒にたくさんの春の絵本をぜひお楽しみください。

 

ご来店お待ちしております。

 

(津村)