読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビオのお店便り 4月第4週

春が来た嬉しさと、桜の美しさに気を取られている内に、4月ももう後半に差し掛かりました。
「桜の木の下には屍体が埋まっている」梶井基次郎の文章がどうしても頭から離れないので、桜は苦手なのですが。。。


どうも4月はよそ見をしたり、上を見上げたりして過ごしがちで、足元がふらついてしまう迷い月です。

今週の気になる本は

f:id:keibunshabanbio:20170323194049j:plain
『日本詩歌思出草』平凡社


ヤマトタケルから始まって、伊藤比呂美まで紹介されており、この著者の方の受容力にまず驚きました。
書いておられるのが思想家の渡辺京二さんで、また驚き。

歴史に造詣の深い思想家さんなので、詩歌文学への切口も面白く拝読しました。
詩歌が読みたくなった時に...

続いてはこちら
『深読み!絵本『せいめいのれきし』』岩波書店

f:id:keibunshabanbio:20170420133616j:plain
 絵本好きなら誰もが大好きな、バージニアリーバートンの絵本
『せいめいのれきし』を現代の古生物学者が詳しく解説されています。

 

実はここがよくわからなかったの!という細かい所を詳しく解説。

小学生のお子様に尋ねられて、答えられないような事を教えてもらえる貴重な一冊です。
さすが児童書に長けた、岩波書店らしい一冊であると感じました。

すみません、今回硬めの本が多かったので、お口直しに...

f:id:keibunshabanbio:20170420133633j:plain

『靖子の夢』スイッチ・・パブリッシング


最初芸人さんの本なので抵抗あったのですが、手芸愛は並々ならないものがあり、三部作の最新刊をご案内。
ニードルフェルトで独自の感性のブローチを製作されており、素敵です。
行き場のない母性を注ぎ込んだ作品と仰るのですが、とても愛情あふれる作品の出来栄えに、うっとりします。

 

今回お店の雰囲気の写真が撮れておらず、申し訳ございません。『靖子の夢』『日本詩歌思出草』は、来週には店頭でご覧いただける予定です。

 

それでは、また

 

バンビオ店 星山