読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『銀杏堂』(橘春香/偕成社)ミニパネル展を開催中です。

f:id:keibunshabanbio:20170418022526j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418021834j:plain

橘春香さん作、幻の骨董品にまつわる14篇の冒険物語『銀杏堂』(偕成社)のミニフェアを開催中です。

小学1年生の女の子「レンちゃん」は、学校に行く途中に気になるお店を見つけます。そこは「銀杏堂」という名前の骨董品屋さん。店主は高田さんというシワシワのおばあさんです。でも、高田さんはただのおばあさんではありません。店に並ぶのはすべて、高田さんが世界中を旅して集めてきた幻の品ばかり。巨大なにしき鯉のうろこ、稲妻のかけら、ユニコーンの喉につかえていたエメラルド、李白が皇帝から贈られた瀬戸物、サバンナで捕まえた逃げ水、溶岩で作ったコーヒー、南極に生育するサボテンの樹液……。それらひとつひとつに、高田さんの冒険物語と人生の思い出が詰まっています。レンちゃんは、毎日のようにお店に通い、高田さんからそれら骨董品にまつわる話を聞くようになります。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418021856j:plain

こちらが表紙。まるで宝石のよう。思わず手に取ってしまいます。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418022042j:plain

カバーを外すとこんな感じ。古い魔法の書物のような佇まいです。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418022734j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418022424j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418022505j:plain

こちらは物語の挿絵とそのパネル。画像ではなかなか伝わりにくいですが、鮮やかでみずみずしい色彩に目を奪われます。

 

f:id:keibunshabanbio:20170418022238j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170418022151j:plain

こちらは物語に登場する魅力的な骨董品の数々のパネル。「朝つゆのクモの巣ネックレス」「すべての望みをかなえる羽ペン」…など、どれも気になります。風邪気味の私はぜひとも「溶岩コーヒー」が飲みたい!

 

骨董品屋の高田さんと小学生の女の子レンちゃんの、ユニークで勇気あふれる夢のような物語。小学生の女の子はもちろん、大人の女性も楽しめる1冊。プレゼントにもよさそうです。

 ぜひお手に取ってご覧ください!

 

 (津村)