読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2016年ベストフェア」開催中です

フェア

 

相変わらず肌を刺すような冬の寒さが続いています。

とはいえ日中は清々しく太陽の光が差すこともあり、思わず出かけたくなる日も増えてきましたね。

 

さて、バンビオ店では「2016年ベストフェア」を開催中です。

バンビオ店スタッフが全員が、昨年読んだ本の中からイチオシをご紹介しております。

f:id:keibunshabanbio:20170120082751j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170120082811j:plain

写真はフェアの一部ですが、ご覧の通りほぼ全てに手書きポップ付きです!豪華!

ちなみに、「昨年刊行された」ではなく「昨年読んだ」というところがみそでもあり、本当に広いジャンルの本が並んで非常に興味深いフェアとなっております!

「なにか面白い本が読みたいから、本屋さんのおすすめが知りたいな」「これ、読もう読もうと思いつつ、まだ読んでない…おすすめなら読んでみようかな」…そんな出会いに繋がれば幸いです。

 

↓以下、ほんの一部ですがフェア対象の作品をご紹介いたします。

 

■西川治『マスタードをお取り願えますか。』(河出書房新社,2014)

写真家で料理人でもある西川治氏が世界中で味わった食体験を綴るエッセイ。表題作である「マスタードをお取り願えますか。」に加えて「ウスターソースは罪深き娼婦のように」「生ニシンは、空を見ながら食べる」などタイトルから読み進めるわくわくが止まらない。おまけに出てくるレシピは材料が「キャベツ5個」「サーロイン4ポンド」などでかなり豪快なのも面白い。

静謐な雰囲気のある著者の文章はすーっとからだに沁みこむような、鮮やかな情景の中に読み手を惹きこむ。読む手が止まらなくなる一冊。(板東)

 

■高田大介『図書館の魔女』(講談社,2016)

 第45回メフィスト賞受賞作の異世界ファンタジー。とはいえ、魔法やドラゴンは作中には登場しない。山育ちの少年と、図書館の魔女と称される少女が織り成す、「言葉」による外交エンタテインメント、国の謎に迫る冒険談、敵とのバトルアクション。そして、作中に散りばめられたボーイミーツガールが何とも言えない可愛さを演出する。

総ページ数1800ページ以上というボリュームで綴られる「言葉の魔法」に、是非酔いしれて欲しい。まだ読んでいない方が読後の感動を味わえるチャンスを持っていると思うと、正直とても羨ましい。(西原)

 

■中村光『ブラックナイトパレード 1』(集英社,2016)

 「荒川アンダーザブリッジ」「聖☆おにいさん」の作者、中村光10年ぶりの最新作コミック。

舞台は悪い子の為に働く黒いサンタの会社。月給30万残業代、ボーナス、昇給有・三食付きの寮生活の条件で就職が決まった主人公。就職難の中就職した会社、ここはブラック会社なのか。。。

中村光特有の個性が強いキャラによるシュールな笑いが癖になります。不思議とかっこいい黒いサンタや表情豊かな主人公が必見。一度読むと何度も読み返したくなります。続きに期待大です。(伊藤)

 

『2016ベスト』フェア
期間:1月10日(火)~
場所:文庫新刊棚横のフェアコーナー