読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年12月 月間売上ランキング

バンビオ店の本棚から

f:id:keibunshabanbio:20170117031749j:plain

1    ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部

   (J.K.ローリング/静山社)

2  ピタゴラ装置はこうして生まれるDVDブック

   (NHKエデュケーショナル/小学館)

3  どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法(Eiko/サンマーク出版)

4  かいけつゾロリの王子さまになるほうほう(原ゆたか/ポプラ社)

5  くらべる図鑑(小学館)

6  よるのばけもの(住野よる/双葉社)

7  やり抜く力(アンジェラ・ダックワース/ダイヤモンド社)

8  火災のサバイバル(スウィートファクトリー・韓賢東・Hana/朝日新聞出版)

9  首折り男のための協奏曲(伊坂幸太郎/新潮文庫)

10 つるとはな 4号(つるとはな)
 

(集計期間 2016/12/1-12/31)

 

あけましておめでとうございます。2016年は多くのお客様にご来店いただきありがとうございました。2017年も引き続き、恵文社バンビオ店をどうぞよろしくお願い致します。

 

それでは2016年12月の売上ランキングをお伝えいたします。

 

2位は『ピタゴラ装置はこうして生まれるDVDブック』。

 NHK Eテレ『ピタゴラスイッチ』の人気コーナー「ピタゴラ装置」。ピタゴラ装置がどうやって生み出されるのかを解説したDVD付きブックです。DVDには、2015年夏に放送された特集番組『ピタゴラ装置大解説スペシャル前半戦 後半戦』を完全収録。またブックでは、ピタゴラ装置がなぜ見るものの気持ちを捉えて離さないのか、その背景にある秘訣や作り方について4つのテーマから詳しく解説しています。自分流のピタゴラ装置をじっくり作ってみたくなる1冊。気になるおもちゃ「ピタゴラゴール1号」「荷物をのせるとはしるでス―」とあわせてどうぞ。

f:id:keibunshabanbio:20170117033332j:plain

 

6位は『よるのばけもの』。

『君の膵臓をたべたい』『また、同じ夢を見ていた』の住野よるさんの最新作です。夜になると化け物になる僕。ある日化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこみ、そこでクラスメイトのひとりぼっちの少女と出会います。いじめの問題を住野さん独特の世界観で鋭く描いた作品です。

f:id:keibunshabanbio:20170117033530j:plain

 

7位は『やり抜く力』。

アメリカ社会に絶大な影響を与えた、成功と目標達成の画期的な理論をまとめた1冊。IQでも才能でもない、成功に必要な第3の要素 「やり抜く力」。そのやり抜く力を自分で身につける方法や、子どもなどの他人のやり抜く力を伸ばす方法等を徹底的に明らかにしています。

f:id:keibunshabanbio:20170117033605j:plain

 

10位は『つるとはな 4号』。

年上の先輩の話を聞く小さな場所として創刊された雑誌「つるとはな」の最新号がランクイン。ボランティア活動歴50年の喜谷昌代さん、毎日富士山へ登る佐々木茂良さん、歌うアラ‘古希’「トワイライトシスターズ」、初代仮面ライダー藤岡弘さん、染色家の柚木沙弥郎さんなど、今号も先輩方の味のあるお話をたくさん聞くことができます。認知症の症状を改善するといわれているピンポン(卓球)のお話なんてのも。人生のおもしろさや知恵が詰まった濃い内容は、歳を重ねていくおもしろさを教えてくれます。

f:id:keibunshabanbio:20170117033402j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170117033427j:plain

 

以上、12月のランキングでした。次回2017年最初の1月はどんな本がランクインしているのでしょうか?どうぞお楽しみに!!

 

(津村)