読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年10月 月間売上ランキング

バンビオ店の本棚から

f:id:keibunshabanbio:20161122033356j:plain

1    九十歳。何がめでたい(佐藤愛子/小学館)

2  小説 君の名は。(新海誠/角川文庫)

3  夜行(森見登美彦/小学館)

4  講談社の動く図鑑MOVE  危険生物(小宮輝之/講談社)

5  どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

   (Eiko/サンマーク出版)

6  流鶯(佐伯泰英/光文社文庫)

7  祈りの幕が下りる時(東野圭吾/講談社文庫)

8  戦争まで(加藤洋子/朝日出版)

9  お父さんが教える13歳からの金融入門

   (デイヴィット・W・ビアンキ 関美和/日本経済新聞出版社)

10 怒り 上(吉田修一/中公文庫)

 

(集計期間 2016/10/1-10/31)

 

 

当店10月の売上ランキングは、以上のような結果となりました。

 

1位は『九十歳。何がめでたい』。

『女性セブン』に1年間連載された佐藤愛子さんの大人気エッセイです。大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんが、自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める若者たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞していきます。辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける文章は、人生をたくましく生きるための知恵が詰まっており、大笑いしながらも、のちに深い余韻が残ります。

f:id:keibunshabanbio:20161122033534j:plain

 

3位は『夜行』。

京都を舞台にした森見登美彦さんの最新小説です。失踪事件から10年たって再び集まった仲間たち。それぞれが経験した「夜行」という作品にまつわる不可思議な旅の思い出を語る物語です。旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ森見ワールド全開の傑作です。

f:id:keibunshabanbio:20161122033457j:plain

 

8位は『戦争まで』。

ベストセラー『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』の第2弾で、戦争までの歴史を決めた3つの交渉を高校生とともに考えてゆく6日間の講義録です。その3つの交渉とは、「満州事変とリットン報告書」「日独伊三国軍事同盟」「日米交渉」。国や個人は、どのように自らの立場を選択したのか、すればよかったのか。そこで悩み、考え抜いた人間から生みだされるものとは何か。当時の人間に見えていた世界を再現し、最適な道を見つけるにはどうすればよかったのかを考えます。時代の激変期である今、歴史を正確に知っていくことこそが、未来への処方箋となるはず。瑞々しい問いを発する高校生とともに、歴史の面白さが全力で描かれています。

f:id:keibunshabanbio:20161122033511j:plain

 

9位は『お父さんが教える13歳からの金融入門』。

弁護士の著者が13歳の息子に書いた数ページが元になって生まれた1冊。アメリカの中高生が学んでいる、お金の稼ぎ方、増やし方、使い方をやさしく紹介しています。お金の仕組みや投資の基本は、学校でも家庭でもほとんど教えられていません。大人になって金融業界に就職して初めて学ぶ、あるいは一生知らずに過ごす、という人も少なくないのではないでしょうか。お金の種類(ドル、ユーロ、円、ビットコイン...)やクレジットカードの仕組み、株式チャートの見方といった初歩から、債券、企業分析、ファンド、PEとは何かにいたるまで、お金の基本がたくさんのイラストとともに楽しく解説されている、お金を知るための入門書として最適な1冊です。 

f:id:keibunshabanbio:20161122033526j:plain

 

以上、10月のランキングでした。

 

紅葉シーズン到来!街が色づく11月はどんな作品がランクインするのでしょうか?

次回のランキングもどうぞお楽しみに!!

 

 

(津村)