読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田尚令『希望の牧場』『悪い本』絵本原画展のお知らせ

来月半ばより約1か月ご紹介させていただくのは、大阪にお住まいの吉田尚令さんの絵本2作品です。

f:id:keibunshabanbio:20150222205901j:plain 
吉田さんが絵をご担当なさった絵本最新作『希望の牧場』(岩崎書店・2014年9月発刊)は、東日本大震災のあと「立ち入り禁止区域」になった福島の牧場を真摯に描いた1冊。これまで普通に行っていたことが普通に行えなくなっていることを伝える、めくるごとに力漲る吉田尚令さんの絵と、客観的で研ぎ澄まされた森絵都さんの言葉に、当店では発売直後より入口テーブルにてご紹介させていただいたところ、普段は絵本を手にされないであろう年配の方々などにも広く手に取っていただき注目の高い絵本です。

f:id:keibunshabanbio:20150222205918j:plain
そしてもう1冊は岩崎書店の<怪談えほんシリーズ>の1作『悪い本』。<怪談えほんシリーズ>とは、甘く味つけされたおばけの話だけでなく、幼いころから世の中の怖いことや怪談話に親しむことで、想像力や強い心を育んでほしいという思いから生まれた岩崎書店のシリーズです。吉田さんの愛らしくも奇怪な絵世界に心を揺さぶられ、宮部みゆきさんの魔のような言葉が心の奥深くに問いかける世にも悪い本。読後の余韻には独特なものがあります。


今回はその吉田尚令さんが描かれた絵本2作品の原画展を前期と後期にわけ開催させていただきます。どちらも全く異なる絵本設定のなかで、力強い絵の世界を放つ吉田尚令さんの魅力を存分にお楽しみいただけたらと思います。どうぞお楽しみに。

===
吉田尚令(よしだひさのり)さん
1971年大阪生まれ。絵本の絵に『希望の牧場』『パパはわるものチャンピオン』『おによりつよいおよめさん』『悪い本』『パパのしごとはわるものです』(いずれも岩崎書店)、『雨ふる本屋の雨ふらし』『雨ふる本屋』(童心社)などのほか、装丁、挿絵等のイラストレーションをご担当。吉田尚令さんHPはこちら
===

吉田尚令『希望の牧場』『悪い本』絵本原画展

会期:3/20(金)~ 4/22(水) 
※4/9(木)は13時より入替作業とさせていただきます

3/20(金)~4/8(水)『希望の牧場』

4/10(金)~4/22(水)『悪い本』

場所:恵文社バンビオ店 075-952-3421

協力:吉田尚令さん岩崎書店

===


( 林 )