読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやしますみさんの絵本の世界

 

f:id:keibunshabanbio:20140623161658j:plain

台風11号が猛威を奮った先日、わたしは7月に当店にて原画展示を行った絵本『あまぐもぴっちゃん』を思い出していました。『あまぐもぴっちゃん』は台風の晩に、雲の群れからはぐれてしまった雨雲の子どものおはなし。「ぴっちゃん」と名づけてくれた少年たちと雨雲のぴっちゃんは水あそびをしたり入浴したり、、、つぎの台風がくるまでの間一緒に過ごすことに。その楽しそうな様子が、はやしますみさんの描くあどけなくて子どもらしいポーズや仕種、表情のひとつひとつから伝わってきます。また雨模様や湿気を帯びた場面の多い『あまぐもぴっちゃん』の絵には、その水気が生々しく伝わる水をふくんだ描写が印象的。風呂場の蒸気、葉の水滴、じょうろのシャワー、かき氷の溶け出したような汁気に、涙と鼻水が入り交じりながら飛び散る見開きいっぱいの画にいたるまで、多様な水の表現をお楽しみください。

 さぁつぎの台風がやってくる頃、空をうめ尽くす雨雲にぴっちゃんと少年はどうするのでしょう?!暫くは台風シーズンも続きそうなこの頃、ぜひたのしんでいただきたい1冊です。

 

はやしますみさんの絵本はそのほかにも、とんとんと扉をたたく訪問者のそのイビツなシルエットをあそぶ『とんとんとんだれですか』(岩崎書店)や、オタマジャクシの群れに紛れ込んだオオサンショウウオの心の機微を描く『ねーねーのしっぽ』(イーストプレス)など、親しみやすいますみさんのお人柄そのままに、愛らしさと優しさを感じる絵本ばかり。実は、上記三作品すべてに"カエル”が登場するので、作品ごとに描き方や動きも異なるそれぞれのカエルを楽しむのも隠れた絵本あそびのひとつ。そして楽しい擬音づかいもまたはやしますみさん作品の特長です。擬音や濁音言葉がおはなしのテンポをリズミカルに、またコミカルにしていますのであわせてご注目ください。

 

当店でもおはなし会や工作会と、絵本を取り巻くあそびに尽力くださったはやしますみさんは、この夏も引き続き勢力的に各地をまわられるご予定。8/20は福知山のTSUTAYA AVIXさん、続く11/1は同じく福知山の福知山市立図書館さんにご登場です。絵本の中だけでなく、おはなしの場を共有したり、絵本題材をテーマにものづくりを楽しんだり、ライブ感溢れるはやしますみさんの絵本の世界を一度ご体感ください。きっとみなさん作品とともにますみさんのことも好きになってしまうはず!

 絵本作家 はやしますみさんホームページはこちら

 

* * * * *
関連記事

はやしますみさんと絵本あそび(おはなし会/工作会/サイン会)を行いました

詳細はこちら

恵文社バンビオ店 × ジュンク堂書店難波店 合同原画展企画
7月だ!はやしますみの絵本あそび【ねーねー、とんとんとん、ぴっ】
詳細はこちら

 

2014年7月 月間売上げランキング
詳細はこちら

* * * * *


(  林  )