読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開催中フェアのお知らせ 「バンビオでめぐる絵本にまつわる美術館フェア」

うだるような暑さの続く8月も気づけばもう半ば。皆様、お出掛けや体験ごとなどでこの夏の思い出も増えている頃では。ご予定がこれからの方もそうでない方も、旅路にあれこれと思いを馳せるのは気分が高揚し楽しいものです。バンビオ店窓辺の絵本スペースでは月刊モエ8月号内「この夏、足を運びたい全国美術館ベスト50」特集にあわせ、8月末日まで絵本にまつわる美術館をご紹介中です。

f:id:keibunshabanbio:20130816161621j:plain

 今回注目したのは、美術館独自で絵本を発行している3館(北海道 剣淵町絵本の館 / 富山県 射水市大島絵本館 / 長野県岡谷 イルフ童画館)、そして当店壁面にて「旅の絵本パネル展」を開催いたしました(7月にて終了)の安藤光雅美術館です。それぞれの美術館のご案内とミュージアムグッズ、そして館独自の発刊絵本など、手にする機会の少ないアイテムを揃えておりますので、バンビオ店内にて仮想美術館めぐりをお楽しみいただくもよし、当フェアが残り僅かとなりました夏休みのお出掛けのひとつのきっかけとなれば尚幸いです。

-----

■ バンビオでめぐる絵本にまつわる美術館フェア

期間  :開催中~8月31日まで 9:30-22:00

        ※8/13-16 9:30-21:00(最終日は18:00まで)

場所  :店内窓辺絵本コーナー

---------

【出店いただいた美術館】

・北海道 剣淵町絵本の館  

 ・富山県 射水市大島絵本館 

 ・長野県 イルフ童画館  

 ・島根県 安野光雅美術館 

---------

f:id:keibunshabanbio:20130816165329j:plain

f:id:keibunshabanbio:20130816165423j:plain

イルフ童画館からは、武井武雄画のレトロな風合いが魅力の幼児かるたやこけしグッズのほか、館独自で開催している「日本童画大賞」から発刊された絵本のほか、出版社ではすでに取扱いのない貴重な絵本も並びます。「トイレさん」「ともだち」(いずれも1200円込)、「おこりっぽいやま」(1365円込)、「木にとまりたかった木のはなし」(黒柳徹子 作・武井武雄 絵 1680円込)。※残り僅かな作品もございます。

 

f:id:keibunshabanbio:20130715091035j:plain

剣淵町絵本の館からはオリジナル絵本「ムーニャとほしのたね」(1500円込)をはじめそのキャラクターグッズ、そして先日まで京都シネマでも劇場公開されていたけんぶちの絵本による町おこしと絵本を通し心を通わせる親子の物語を描いた映画「じんじん」でも物語のエンディングに大事な鍵を握る1冊となる「クロコダイルとイルカ」(1260円込)も販売しております。※ 「ムーニャとほしのたね」は残り1冊となっております。

f:id:keibunshabanbio:20130816175819j:plain

さらには、毎年来館者の投票で決定する「けんぶち絵本の里大賞」受賞絵本も併置しております。この大賞受賞でおなじみの絵本作家 長谷川義史さんや宮西達也さんのてぬぐい(400円込)や缶バッチ(300円込)も。

 安野光雅美術館 からは、旅の絵本シリーズのほか、細やかな描写の中にこどもたちの懐かしいあそびや姿を描いた愛らしい一筆箋(400円込)やミニファイル(168円込)、トランプ(1890円込)、シール(210円込)など気のきいた小物アイテムが並びます。

 

f:id:keibunshabanbio:20130715091427j:plain

射水市大島絵本館からは、毎年館独自で開催する「おおしま国際手づくり絵本コンクール」の最優秀賞の出版絵本、また射水のご当地キャラクタームズムズくんが特産品などを紹介する擬音語がたのしい絵本「イミズムズムズ」のほか、しかけ絵本や万華鏡・パズルなど、手軽に楽しめる工作キット(200円込~400円込)をご紹介しております。夏休みのかけこみ宿題やおうちやサークルでの手軽な工作にもぴったりです。※残り僅かな作品もございます。

 

最終日まで残り2週間程度となりました。ぜひお立ち寄りくださいませ。

( 林 )