読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「箱入り息子の恋」パネル展を開催しています

 

f:id:keibunshabanbio:20130704150808j:plain

 こちらでのお知らせが遅れてしまいましたが、只今劇場公開中「箱入り息子の恋」のパネル展を開催中です。出演者のリラックスした様子や、緊迫感が伝わる撮影裏側の貴重なメイキングも数点展示しております。

 

同作は、第30回ぴあフィルムフェスティバルグランプリ、第13回釜山国際映画祭コンペティション部門グランプリを受賞した話題作「無防備」の市井昌秀監督による新作映画です。星野源初主演映画としても話題を呼んでいます。

f:id:keibunshabanbio:20130702224406j:plain

 

星野源扮する内向的な35歳生真面目公務員は、周りとの接触を絶ち職場と自宅を往復するだけの日常。家に帰ればペットのカエルとの会話か格闘ゲーム。そんな彼が想いを寄せた女性(夏帆)をつかむため、驚くほど正直に暴走するちょっとユーモラスなラブストーリーです。脇を固めるベテラン勢の豪華キャスティングも魅力。劇場公開は、MOVIX京都にて7/5まで。まだの方は劇場へお早めに!それ以降関西では、兵庫 塚口サンサン劇場にて7/27より8/9まで。また金沢シネモンドでも7/6より7/26までの上映とのことです。

 

当パネル展フェアでは、映画を元に描かれた小説版「箱入り息子の恋」のほか、高田漣が手掛けるサントラCD、主演の星野源著書を揃えました。映画内では主人公の言動の気味悪さを感じながらも、どうしても演じる星野源さんの魅力ゆえ、気味悪さを軽減して映画を鑑賞する自分がいたように思いますが、小説版ではそんなことは決してございません。設定通りの気味悪さを堪能できるはず(笑)ですので、映画をすでに見られた方もまだの方も、ぜひ書籍もあわせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

f:id:keibunshabanbio:20130704190942j:plain

 

また、「箱入り息子の恋」の中でインパクトを放つのは、童貞男が恋に目覚め直進する姿。世の男性方はどうでしょう。本作ではそこに一切の陰気さや女々しさのようなものを感じさせず暴力性すら帯びる真っ直ぐさがありましたが、その辺への好奇心から殿方のココロを覗く関連本を併設いたしました。男性も女性もちらりとお立ち寄り下さいませ。

f:id:keibunshabanbio:20130704190955j:plain

 

f:id:keibunshabanbio:20130704191012j:plain

劇中でも小説内でも、主人公が愛でる存在 カエルくんも店頭にてお待ちしています!

===

「箱入り息子の恋」パネル展

場所   店内正面テーブル

期間   7月15日(月祝)まで

協力 / (株)キノフィルムズ

===

 ※ 7/4追記

小説サイン本が届きました!

なんと著者の市井監督と今野早苗さんおふたりからのサイン入りです。

監督のかわいいメッセージ色紙もいただきましたよ

f:id:keibunshabanbio:20130704193321j:plain

 

 

( 林 )