読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『PEZ』発売記念パネル展開催のおしらせ

6月2日に発売されました『PEZ』(浅田弘幸/ワニマガジン社)を記念して、『PEZ』パネル展を開催しております。

f:id:keibunshabanbio:20140611090145j:plain

f:id:keibunshabanbio:20140611090156j:plain

村田蓮繭責任編集フルカラーコミック『robot』(ワニマガジン社)にて不定期連載されていた『PEZ』
その美しいひとコマひとコマ、そしてペッツとデコ助の愛らしい表情が、大きな画面でご覧いただけます。

f:id:keibunshabanbio:20140611090207j:plain

浅田弘幸先生関連本もご用意しております。
さらに、今後色々増える予定、乞うご期待!(情報は随時twitterでお知らせいたします)

そして、7/6(日)には『PEZ』発売記念・浅田弘幸先生サイン会を開催いたします。
ご参加希望の方は、恵文社バンビオ店店頭またはオンラインショップにて『PEZ』をご購入ください。詳しくはこちら(http://keibunshabambio.hatenablog.jp/entry/2014/05/21/124351

----------
『PEZ』発売記念 パネル展
会期 6月6日(金)から7月7日(月) ※最終日は17時頃まで
----------
『PEZ』発売記念 浅田弘幸先生サイン会
日時 7月6日(日) 午後1時から
場所 恵文社バンビオ店
詳細はこちら(http://keibunshabambio.hatenablog.jp/entry/2014/05/21/124351
----------

浅田弘幸先生HP(http://www.asadahiroyuki.com/
PEZツイッター(https://twitter.com/PEZ_info
ワニマガジン社(http://www.wani.com/special/pez/

たくさんのご参加、お待ちしております。

(杉山)

『PEZ』発売記念 浅田弘幸先生サイン会開催のおしらせ

f:id:keibunshabanbio:20140517105121j:plain

5月31日発売予定『PEZ』(浅田弘幸/ワニマガジン社)発売を記念して、浅田弘幸先生サイン会を開催いたします。

-----

日時:7月6日(日)午後1時より

場所:恵文社バンビオ店

【参加方法】

恵文社バンビオ店店頭またはオンラインショップにて『PEZ』(4,320円/税込み)をご予約・ご購入いただいた方先着順にご参加いただけます。

※オンラインでの受付方法が変更になりました※

オンラインショップにて『PEZ』をご予約・ご購入後、メールにて参加希望のご連絡をお願い致します。

送信先アドレス keibunsh@titan.ocn.ne.jp
●件名は『PEZ サイン会 参加希望』とご記入ください。
●お名前(フルネーム)
●お電話番号
●メールアドレス 

店頭より詳細を返信をさせていただきます。返信は1日~2日お時間を頂く場合がございます。ご了承ください。

【諸注意】

・キャンセルはお伺いできません。

・お申込はお一人様1冊させていただきます。

・ご来店いただく時間を、後日こちらからご連絡させていただきます。

・当日は先生へサインとともにお名前を入れていただきますので、身分証明書をお持ちください。

・恵文社バンビオ店でご購入いただきました『PEZ』をご持参の上ご参加ください。

・写真撮影は不可です。

---

その他ご質問等ございましたら、恵文社バンビオ店店頭までご連絡ください。

恵文社バンビオ店 075-952-3421

 

たくさんのご参加、お待ちしております!

(杉山)

 

花田陵先生「デビルズライン」WEBサイン会のおしらせ

f:id:keibunshabanbio:20140416171729j:plain

花田陵先生「デビルズライン」2巻の発売を記念して、WEBサイン会を開催いたします。
バンビオ店・西大路店店頭、またはバンビオ店HPより、「デビルズライン」2巻(著・花田陵/発行・講談社)をご注文いただきました、先着100名様へお客様のお名前入りサイン本を販売させていただきます。
---
【受付期間】

定員に達したため、受付終了とさせていただきます。
※キャンセル不可
※商品のお渡しは5月下旬から6月上旬を予定しております
---

また、今回は花田先生がサインをかかれる様子を中継予定!
詳細は決まり次第、ブログやツイッター等で告知させていただきます。乞うご期待!

::「デビルズライン」てどんなお話?::
世間に少し疎い大学院生のつかさ、闇の中で生きる彼に出会うことでつかさの日常は一変する・・・!
吸血鬼とは、そして彼らを狙う組織とは一体何なのか。暗い闇に追われながらも、少しずつ距離を縮めていく二人にキュンとすること間違いなし!
注目作家・花田陵の描くダークファンタジー、必見です。

花田陵先生 twitter(https://twitter.com/owsshanada)

『デビルズライン』ためし読みはこちら(http://morning.moae.jp/lineup/151
『デビルズライン』twitter (https://twitter.com/devilsline)

(杉山)