8月のおはなし会は特別企画「おはなし会&紙工作ワークショップ」を開催します。

f:id:keibunshabanbio:20170721150050j:plain

もうすぐ夏休み!みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

毎月第2日曜日に当店で開催しているおはなし会ですが、8月は日にちを変更して、夏休み特別企画、おはなし会&紙工作ワークショップ「ぼくの・わたしのおべんとうをつくろう!」を開催します。

 

講師は、当店でも取り扱い中の子育てリトルプレス「このちから」を制作しているおふたり。巻いて、包んで、クシャクシャして、自分だけのおべんとうをみんなで一緒に作りましょう!さて、頭に思い浮かべたおべんとうを実際に作れるかな?

頭にあるものをカタチにする、想像しながら手を動かす、これらは生きていく中で必要な力です。また、子ども達の食生活、食への興味も見えてくるため、食育にもつながるワークショップとなっております。夏休み、お子さまと一緒に手と頭を動かして、楽しいひとときを過ごしましょう!

 

今回は、午前の部(11時〜)と午後の部(14時〜)の2回開催いたします。

各回前半の約20分は予約不要(無料)のおはなし会、後半は予約制のワークショップとなります。

ワークショップの費用は、お子さま1名につき700円です。

ワークショップをご希望のお客様は、店頭またはお電話(075-952-3421)にてお申し込みください。

 

詳細は以下の通りです。

みなさまのお申し込みお待ちしております!

 

■■■

おはなし会&紙工作ワークショップ「ぼくの・わたしのおべんとうをつくろう!」
開催日:2017年8月20日(日)
開催時時:①午前の部
      11:00〜11:20 おはなし会(参加自由・無料)
      11:20〜12:30「おべんとうをつくろう」ワークショップ(予約制・有料)
     ②午後の部
      14:00〜14:20 おはなし会(参加自由・無料)
      14:20〜15:30「おべんとうをつくろう」ワークショップ(予約制・有料)
開催場所:恵文社バンビオ店        
ワークショップ参加費:700円(お子さま1人につき)
講師:芹川 小百合/池永 知美(このちから)
定員:各回親子10組
対象年齢:3歳頃〜(親子で工作遊びを楽しむことができる方)

    ※小学生以下のお子さまは親子参加でお願いします。
申込方法:店頭または電話(075-952-3421)でお申し込みください。
持ち物:特にありませんが、お子さまが使いなれているはさみがあればご持参ください

 

f:id:keibunshabanbio:20161014144417j:plain

f:id:keibunshabanbio:20161014144254j:plain


●講師プロフィール
芹川 小百合(せりかわ さゆり)
グラフィックデザイン事務所を経て、フリーランスのグラフィックデザイナーとして活動中。一児の母。出産をきっかけに、シェアする子育てを実践している相棒・池永の子育てに刺激され共感し、多くの方に伝え残していけるよう、池永と共に「このちから」を自費出版するに至る。

池永 知美(いけなが さとみ)
京都芸術短期大学、インテリアデザイン学科専攻科卒業後、京都造形芸術大学空間演出学科・副手として働く。現在は三児の母。専業主婦でありながら、楽しむ子育てを多くの人とシェアしたいという思いから、自宅を提供し、自ら様々な行事を企画。「このちから」のイベントも企画し、力を入れている。


●雑誌紹介
「このちから」
『子育ては自分育て』をテーマに年3回自費出版している子育て冊子です。いろいろな人、いろいろな環境があるのだから、いろいろな子育てがあってあたり前。子育てに正解はありません。けれども「知っている」と「知らない」とでは大きく違います。知って、考えて、子育てに活かしたい。それがこの冊子をつくる原動力です。作り手自身も子育て真っ只中の母親。理想の子育てを飾るのではなく、より身近な子育てをお伝えし、そして選択のひとつに加えていただければ...。
定価¥350【A5判・全26ページ/付録2点つき】 3月・7月・11月 発行

 

(津村)

 

6月のおはなし会を行ないました & 7月のお知らせ

夜なると蛙の鳴き声が聞こえてきます。

蛙たち、雨が少なくて困っているのではないでしょうか。

 

6月のおはなし会を開催いたしました。

梅雨らしい絵本いっぱいのおはなし会でした!

 

===プログラム

絵本 『おでこぴたっ』 武内祐人/くもん出版

絵本 『かたつむりののんちゃん』 高家博成/仲川道子/童心社

絵本 『いやっ!』 トレーシー・コーデュロイ/ティム・ワーンズ/さんべりつこ/ブロンズ新社

絵本 『ふしぎなカサやさん』 宮西達也/金の星社 

===

 

ひとつめのおはなしは『おでこぴたっ』。

ねこといぬがおでこを「ぴたっ」。

大きさの違う動物たちが工夫をしておでことおでこをくっつけます。

きりんは首をぐうっと曲げて、うさぎと「ぴたっ」。

ぞうは鼻の上にねずみをのせて「ぴたっ」。

f:id:keibunshabanbio:20170611021441j:plain

最後はお父さんと「ぴたっ」 。

お父さんとぴたっ!お母さんとぴたっ!

ぜひみんなでやってみてください!

 

ふたつめのおはなしは『かたつむりののんちゃん』。

雨がぽつんと降ってくると、かたつむりののんちゃんは殻からにゅーっと体を出します。

f:id:keibunshabanbio:20170611021850j:plain

のんちゃんは塀の上で食事します。

かたつむりはコケがごはん。殻を丈夫にするために時々石も食べるそうです。

そこへ「助けてー」という声が。

のんちゃんは水たまりに落ちたやすでちゃんを助けようとしますが、足がこそばくて水たまりにバシャーン。

のんちゃん、やすでちゃんはどうなるのでしょうか?

 

コケが生えたちょっと湿った塀や、紫陽花のかげなどを探してみてください。

のんちゃんと仲間たちがいるかもしれません。

 

みっつめのおはなしは『いやっ!』。

アーチーは新しい言葉を覚えます。

それは「いやっ!」

アーチーはその言葉が気に入りました。

「そろそろ帰ろう」と言われても「いやっ!」

新しいコートも「いやーっ!」

f:id:keibunshabanbio:20170611022505j:plain

しかし、「いや」ばかり言っていると困ったことも・・・。

ごほうびのケーキも、本当は欲しいけれど、「いや!」

そんなアーチーは「だっこするかい?」と聞かれて、

「い、い、い・・・いいよー!」

アーチーは新しいお気に入りの言葉を見つけました。

それは「いいよ!」

 「一緒に遊ぼう」と誘われて、「いいよー!」

みんなで遊ぶアーチーたちの楽しそうな顔が素敵です。

 

最後のおはなしは『ふしぎなカサやさん』。

ある日、ブタくんが歩いていると、「ふしぎなカサや」を見つけました。

店主のタヌキのおじさんは、このカサをひらくととても不思議なことがおこると言います。

魚の絵が描いてあるカサをひらくと・・・

魚がスイスイと降ってきます!

カサを閉じるとポワーンと消えてしまいます。

プリンのようなカサをひらくと、プリン プリン プリン

と空からプリンが!

f:id:keibunshabanbio:20170611023438j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170611023448j:plain

不思議なカサが気に入ったブタくんは全部お買い上げ!

タヌキのおじさんは、おまけに1本のカサをくれました。

しかし、ブタくんはオオカミと会ってしまいます。

オオカミはブタくんを食べようとしますが、ブタくんは走るのが遅い。

買ったばかりのカサで応戦しますが・・・?

 

不思議なカサ、欲しくなってしまいます。

 

今月のおはなし会はこれでおしまい。

来月はどんなおはなしに出会えるでしょう?

皆さまのご来店をお待ちしております。

 

===

7月のおはなし会

日(日)午後時から(参加自由)

 ===

 

 (大川)

5月のおはなし会を行ないました & 6月のお知らせ

急に暑くなったように感じます。 

これからどれだけ暑くなるのやら・・・。

 

さて、5月のおはなし会を開催いたしました。

蒸し暑くなりつつありますが、まだ春!

ということで、春らしい絵本たくさんのおはなし会でした。

 

===プログラム

手あそび 「はじまるよ」

絵本 『おなべおなべにえたかな?』 小出保子/福音館書店

絵本 『たんぽぽ』 甲斐信枝/金の星社

手あそび 「おべんとうのうた」

絵本 『おべんとう』 小西英子/福音館書店

絵本 『サラダでげんき』 角野栄子/長新太/福音館書店

絵本 『まるまるまるのほん』 エルヴェ・テュレ/谷川俊太郎/ポプラ社

===

 

今月のおはなし会も「はじまるよ」をして、はじまりはじまり~。

f:id:keibunshabanbio:20170514021623j:plain

 

ひとつめのおはなしは『おなべおなべにえたかな?』。

きつねのきっこと、いたちのちいとにいはたんぽぽを摘みながらおおばあちゃんの家に行きます。

f:id:keibunshabanbio:20170514021900j:plain

おおばあちゃんにおなべのばんを任されたきっことちいとにい。

「おなべおなべにえたかな?」とおなべに聞くと、

「にえたかどうだかたべてみよ」

一回目の味見では、ちょっとにんじんがかたい。塩とこしょうをパッパと入れて、おいしくなあれ。

二回目の味見はまだ何かが足りない。バターを入れて、おいしくなあれ。

三回目の味見で、うーん、おいしい!とってもおいしいスープのできあがり。

しかし、もういっぱい、もういっぱいと味見を繰り返しているうちに、おなべの中は空っぽに。

おおばあちゃんが帰ってきたらきっとがっかりするでしょう。

きっことちいとにい、そしておなべはどうするのでしょう?

 

ひとつめのおはなしに「たんぽぽ」が出てきたので、

ふたつめのおはなしは『たんぽぽ』。

f:id:keibunshabanbio:20170514022412j:plain

身近な花の「たんぽぽ」ですが、じーっくり観察することはあまりないですよね。

この絵本はたんぽぽを丁寧に丁寧に描いています。

雨の日はどうしているのか。花からどうやって綿毛になっていくのか。

描かれたたんぽぽは繊細で、力強さも感じます。

 

植物の魅力がぎゅっと描かれた甲斐信枝さんの絵本。

甲斐信枝さんの絵本のコーナーもございます。

f:id:keibunshabanbio:20170529082712j:plain

ぜひ手に取ってご覧ください。

 

春と言えば、遠足やピクニック!

皆様も行かれましたか?

そんな遠足やピクニックに欠かせないのがおべんとう。

「おべんとうのうた」を一緒に歌って、少し一息つきましょう。

「これっくらいの おべんと箱に♪」

f:id:keibunshabanbio:20170514023045j:plain

おいしいおべんとう、作れましたか?

 

みっつめのおはなしは『おべんとう』。

「おべんとうのおかずは何が好き?」と尋ねると、

「ブロッコリー!」「ウインナー!」「卵焼き!」

素敵な答えが返ってきました。

『おべんとう』はおべんとうができるまでを描いた絵本です。

ふっくらほかほかのごはんをつめて、あつあつのミートボールもつめて・・・。

f:id:keibunshabanbio:20170514023232j:plain

最後にデザートのいちご!

おべんとうを持ってお出かけしたくなりますね。

 

よっつめのおはなしは『サラダでげんき』。

りっちゃんは病気のお母さんのためにサラダを作ることにしました。

そこへのらねこがやってきます。

ねこは「サラダにはかつおぶしがいいですよ」

元気になる上に、ネコみたいに木登りも上手になれるんですって。

次にとなりのいぬが飛び込んできます。

いぬは「ハムサラダが一番」

食べるとほっぺたが桃色にひかりだすそう。

続いて・・・。

いろんな動物がやってきて、さまざまなアドバイスをしていきます。

f:id:keibunshabanbio:20170514023734j:plain

そして完成した特製サラダ。

サラダを食べて、りっちゃんのお母さんはたちまち元気になりました。

私も木登りが上手になるように、サラダにかつおぶし、入れてみようかな・・・?

 

最後のおはなしは『まるまるまるのほん』。

この絵本、なんと遊べる絵本なんです。

f:id:keibunshabanbio:20170514023949j:plain

黄色いまるをクリックして、次のページに進むと、黄色いまるが増えたり。

本を傾けてみたり、ゆすってみたり。まるがいろいろ変化します。

息を吹いて黒を吹き飛ばそう!

ふーっふーっ!

みんなで拍手すると、黄色いまるがどんどん大きくなっていきます!

f:id:keibunshabanbio:20170514024306j:plain

もっともーっと! 

 

今月のおはなし会はこれにておしまい。

来月はどんなおはなしに出会えるでしょうか?

お楽しみに!

皆様のご来店お待ちしております。

 

===

6月のおはなし会

11日(日)午後時から(参加自由)

 ===

 

(大川)