読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビオのお店便り 4月第2週

長岡の街を歩いていると、路面で掘りたての柔らかそうな筍を販売されているご家族の姿をよく見かける季節になりました。

籠盛で一山1000円なんて。京都の街中では考えられないお値段ですね。

長岡京のマンホールの模様も筍もようで、とても可愛らしいんですよ。

 

さて、今週の気になる本のご紹介です。

f:id:keibunshabanbio:20170413034720j:plain

『定本パースの教科書』パイインターナショナル

平面図は何とかかけるものの、立体図は苦手です。でもこの本は丁寧にわかりやすく解説されており、立体構図を書く気にさせてくれる一冊。

デザイン書籍を多く扱われている、パイインターナショナルさんから発売されているので、間違いなしですね。

まもなくお引越し予定なのですが、お部屋の配置図を考える際にも役に立つ情報が沢山載っております。

 

次は個人的に大好きな長尾智子さんの一冊

f:id:keibunshabanbio:20170413160608j:plain

『たべ方帖』文化出版局

暮しの手帖で以前冬に色々なお野菜を使った滋味深いスープをご紹介されていて、冷え性だった私の体の芯が温まって感動しました。

食べることは生きることだと、改めて気づかせてくださいました。ぜひ手に取ってご覧いただきたい一冊です。

 

最後に、いつも楽しい雑貨コーナーより

f:id:keibunshabanbio:20170413161200j:plain

かきかたえんぴつ、懐かしいですね。昭和生まれの私は、学校の鉛筆!というと芯の濃さはHBが主流でしたが、今はBか2Bなのですね。

濃い鉛筆は芯がやわらかく、絵を描くときに重宝しますが、私も今度鉛筆を購入する時は、濃い鉛筆をチョイスしようと思います。

今の文房具は本当に進化していますね。子ども用のクレヨンは、水拭きしたら消えてくれて助かります。何せどこにでも書きたがるので、困っておりまして...

とはいえ、消えないのが当たり前、という事も教えてあげないと。あまり便利すぎる世の中で、融通の利かない子どもたちがどんどん大人になって、大丈夫かしら、という個人的心配もあります。

本当に不便な環境になった時に困らないよう、気を付けてあげないといけないな、と親になると考えてしまうのでした。

 

それでは、また。

桜の花のシャワーがもうしばらく楽しめますように。

バンビオのお店便り 4月第1週

まちかねていた桜はようやく咲きほころび、スモーキーピンクの柔らかい色合いの季節がはじまりました。

学生さんたちも、あと少しの春休みを満喫されていますね。

あいにく週末は雨の予報。せっかく咲いた桜は少し散ってしまうかも知れません。少し残念です。

 

今週のバンビオ店の気になる本は、まずこちら...

f:id:keibunshabanbio:20170406152128j:plain

”紙もの好き”にはたまらない『TAKE OUT お持ち帰りのデザイン』グラフィック社

こだわりのあるパッケージやお店のロゴ、紙質や素材も面白いモノがたくさんあります。写真多めなのでビジュアル本としても楽しめます。

 

おつぎはこちら...

f:id:keibunshabanbio:20170406153157j:plain

南極建築1957-2016 (LIXIL BOOKLET)』

冬の間は目をつむって通り過ぎておりましたが、やっと春が感じられるようになったので、満を持してのご紹介です。

南極...行きたくても行けない気がする、かの地に建つ建築とは一体。

第一次観測隊からの変遷をまとめられた貴重な一冊です。

写真や文章だけではなく、温かみのあるイラストで詳細に解説されているのが素晴らしいですね。是非手に取ってご覧いただきたいです。

 

f:id:keibunshabanbio:20170406153849j:plain

あたたかくなると、少しやる気になるのが、家事とお掃除(私個人の意見ですが...)

『ルーティン家事』マイナビ出版

インスタグラム発という、最近の出版業界の皆様の趣向にどうしてもついていけない昭和な発想の私でしたが、この本は子育て真っ盛りで忙しすぎるお母さん方が感じていた、何かすっきりしないモヤモヤした家事への気持ちを、少し前向きにしてくれる気がします。

気持ちが晴れない時に。

 

最後に、この季節ぜひ家族で楽しんでいただきたい絵本を一冊

f:id:keibunshabanbio:20170406154637j:plain

『雑草のくらし』福音館書店

NHKで放送されて、反響も大きかった甲斐伸枝さんの大型絵本です。

自然豊かな日本の野の花の美しい佇まいを、愛情たっぷりに描かれています。

こどもと眺めると、知っている野の花や昆虫が描かれているので、広い絵本の世界で宝物探しをするかのように、楽しんでいます。

こどもたちは皆、草花のようにたくましく育って、いつか綺麗な花を咲かせる日がくるのでしょう。

小さいながらも愛おしく力強い命の育みを、この絵本を通じて感じてもらえると、とても嬉しいです。

それでは。また。

 

バンビオ店 星山

 

バンビオのお店便り 3月第5週

3月31日。今年度の最後の日。

1年最後の日である大晦日は身が引き締まるものですが、年度の最後3月31日はそれとはまた違った、期待と不安の入り混じった感情になります。明日から新しい世界への第一歩を踏み出すという方も多いのではないでしょうか。 

そこで今年度最後の「バンビオのお店便り」では、みなさんに様々な「世界」をご紹介しようと思います。

 

まずは1冊目。

f:id:keibunshabanbio:20170331032143j:plain

『世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話』ボブ・エクスタイン 著/ギャリソン・キーラ― 前書き/藤村奈緒美 訳(エクスナレッジ)

この本は、見開きの右ページに世界の書店のイラスト、左ページにはお店の逸話や、店紹介といった形で書かれています。『ニューヨーカー』誌のイラストレーターが描いたイラストがとてもおしゃれで、それでいてとても温かみのある色使いなので、心地のいい世界一周「本」旅行ができるのではと思います。ちなみに、日本からはあの素敵な古書街がピックアップされています。

 

次はこちらの写真集。

f:id:keibunshabanbio:20170331032036j:plain

『世界の路地』(パイ・インターナショナル)

タイトルのとおり世界中の路地が紹介されています。こちらは紹介するよりなにより、中をご覧いただきたい1冊です。言葉にならない気持ちになります。こんな世界を見ながら、新しい自分の世界に踏み出してみるのもいいかもしれません。きっと、新しい自分もそこに見つかるのではないでしょうか。

 

最後の世界は「サンドイッチ」を中心に。 

f:id:keibunshabanbio:20170331031803j:plain

 『世界のサンドイッチ図鑑』佐藤政人(誠文堂新光社)

世界各国のサンドイッチが見事にこの1冊に集合しています。世界にはこんなに多種多様なサンドイッチがあるのかと驚かされます。

ちなみにバンビオ店では現在「ピクニックフェア」を開催中です。お弁当やサンドイッチ、アウトドア関連の本や絵本と一緒に、ランチボックスや水筒などの雑貨類、ちょっとしたおやつ、おでかけにピッタリの春らしいバッグなどを集めました。あたたかくなってきたこの時期の週末、春のお出かけのお供どうぞ!!

f:id:keibunshabanbio:20170331031905j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170331031942j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170331031934j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170331031930j:plain

 

それではまた!

 

(佐々木)