読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビオのお店便り 5月第3週

朝夕はまだ冷え込むものの、お昼間は夏のような暑さですね。服装を選ぶのが難しい季節になりました。

私は子どもがいることを言い訳にして、服装に気を遣わず、毎日の着替えは『脱皮』のようだと感じながら生きている人間なので、お洒落には疎いのですが、素敵な本を発見しました。

f:id:keibunshabanbio:20170511013201j:plain

『ファッションとアート 麗しき東西交流』六曜社

 

何と手の込んだ刺繍の工芸品や衣装でしょうか。素敵です。

ポターの『グロースターの仕立て屋』の絵本が大好きで、ねずみたちがとても細かい刺繍を施すイラストが美しすぎるのですが、それを思い出しました。

負けず劣らず、日本の職人さんたちは素晴らしい仕事をされていますね。

隣の『Pen』5/15号のアフリカ特集も気になります。

 

続いてはこちら

f:id:keibunshabanbio:20170511013133j:plain

『くまのまあすけ』『まあすけのぼうし』 馬場のぼる 著

馬場さんといえば『11ぴきのねこ』シリーズでおなじみの絵本作家さんですね。

私は子どもの頃『11ぴきのねことあほうどり』を読むと、コロッケが無性に食べたくなりました。たべものの描写がとても美味しそうな作家さんのお一人ですよね。

生誕90周年記念復刊の絵本です。ぜひ手に取ってご覧下さいませ。

 

入口入ってすぐのフェアコーナーでは、現在実験小説を集めたフェアを開催しています。

f:id:keibunshabanbio:20170511013106j:plain

私の好きなレオ・レオー二の『平行植物』もありました。空想の植物たちの描かれ方が妙にリアルで本当にありそうで、レオ・レオー二さんの頭の中を覗き見ているような錯覚を起こしてしまいます。

 

今週一番気になった本は...

f:id:keibunshabanbio:20170511140458j:plain

『あの頃』 武田 百合子 著 中央公論新社

武田百合子の単行本未収録作品が集まった作品集です。この本、装丁がとても美しいのです。カバーを取り外してみると...とても凝っています。

エッセイが女性なのに恰好良くて、生き方が素敵ですよね。結構分厚い本なので読み応えありますが、ファンには堪らない一冊です。

じっくり読んでみてください。

 

バンビオ店 星山

バンビオのお店便り 5月第1週

お天気に恵まれたゴールデンウイークも、今週末を残すのみとなりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

今週の「バンビオのお店便り」は、現在開催中のパネル展をご紹介します。

 

f:id:keibunshabanbio:20170502213241j:plain

 

「ぼくの おじいちゃんのいちにちは、とってもたのしそう!」

入り口正面のスペースでは、 ポルトガルの絵本『ぼくのおじいちゃん』(カタリーナ・ソブラル作/松浦弥太郎 訳/アノニマ・スタジオ)のパネル展を開催しています。

 

思わず目を惹きつけられる鮮やかで独特の色づかい。4色で表現された版画調の絵が可愛らしいこの絵本は、ポルトガルの若手作家カタリーナ・ソブラルさんによるもの。すでに11の言語に翻訳され、世界中で愛されています。やさしくユーモラスな雰囲気漂う日本語訳は、松浦弥太郎さんです。

f:id:keibunshabanbio:20170502213209j:plain

 

おはなしは、おじいちゃんのことが大好きな、孫の「ぼく」の視点で語られます。ゆったりと好きなことをして自由に過ごしているおじいちゃんのくらしが、近所に住む働きざかりの忙しい「ライトさん」と対比されて描かれています。 

お茶をしたり、友だちと芝生でランチを食べたり、ピラティスを習ったり、ドイツ語を習ったり…。なんて豊かなおじいちゃんのくらし!毎日をこんな風に過ごせたら・・・と、うらやましい気持ちにならずにはいられません。

f:id:keibunshabanbio:20170502213339j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170502213359j:plain

 

そんなおじいちゃんを見て育つ「ぼく」。きっと「ぼく」も豊かな人生を送ることでしょう。子どもの前ではおじいちゃんのような大人でありたい、好きなことをして楽しく生きる大人の姿を子どもには見せていきたい、そんな風に思わせられます。

 

さあ、これから何をしよう?!何をして楽しもう?!これからの毎日が楽しくなりそうな絵本です。ぜひお手に取ってご覧ください。

f:id:keibunshabanbio:20170502213421j:plain

 

 

(津村)

 

 

バンビオのお店便り 4月第5週

あたたかくなり、長岡京の街を歩いていると、山の木立より鶯の鳴き声が聞こえてきます。鶯のこどもたちが「ホーホケキョ」の練習をしており、頑張っている姿が可愛らしく、思わず微笑んでしまいます。

つばめも巣をつくる場所を一生懸命探しており、市内では鴨の赤ちゃんが生まれて、一生懸命親鳥について泳ぎの練習に励んでいます。鳥たちの忙しい季節がやってきました。

バンビオ店では、ゴールデンウィークに向けて沢山の雑誌が入荷してきました。

f:id:keibunshabanbio:20170427151558j:plain

カーサ・ブルータスは上質な日用品ショッピングガイドの最新情報。京都のお店も紹介されています。

行ってみたいのは、東京にOPENした「labour and wait」

岡尾美代子さんがロンドンに行ったら必ず立ち寄られると、確か仰っていたお店が、東京にできました。うーん、行ってみたい。

 

&Premium 6月号特集は『心地よい、朝のすごし方』について。朝起きるのが苦痛でなくなって来たこの季節だからこそ、良い朝の迎え方は大切。GW気持ちよい朝の迎え方について、一読されてみてはいかがでしょうか。

 

続きまして

f:id:keibunshabanbio:20170427152740j:plain

『ニッポンの台所道具と手入れ術』誠文堂新光社

永く愛用されたいお道具類の手入れ方法が詳しい解説と写真で紹介されています。使い捨てのお道具も便利ですが、何となく罪悪感が否めず。

私、テフロンのフライパンから鉄のフライパンに買い替えたら、卵料理が本当に美味しくなって...お道具って大切ですよね。

 

最後に、私も大好きなnani-iroの布小物がたくさん入荷しました。

f:id:keibunshabanbio:20170427153309j:plain

f:id:keibunshabanbio:20170427153327j:plain

巾着やトートバッグ、定番のてぬぐいやハンカチも入荷しております。ハンカチ3枚セットは、子どもの肌にも優しくお勧めですよ。汗をかくこれからの季節、とっても重宝します。

 

ゴールデンウィーク中もお休みなくドアを開けて、皆さまのお越しをお待ちしております。絵本も充実しているので、ぜひお散歩がてら、覗いてみてくださいね。

 

バンビオ店 星山