2018年11月ランキング

f:id:keibunshabanbio:20181211081844j:plain

1  熱帯(森見登美彦/文藝春秋)

2  日本国紀(百田尚樹/幻冬舎)

3  100にんのサンタクロース(谷口智則/文溪堂)

4  ゴリラのくつや(谷口智則/あかね書房)

5  希望荘(宮部みゆき/文春文庫)

6  沈黙のパレード(東野圭吾/文藝春秋)

7  ルージュ(誉田哲也/光文社文庫)

8  ゼロトレ(石村友見/サンマーク出版)

9  スマホを落としただけなのに(志駕晃/宝島社)

10 みずとはなんじゃ?(加古里子・鈴木まもる/小峰書店)

 

11月のランキングは以上のような結果となりました。(集計期間2018/11/1〜11/30)

 

1位は『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)。

森見登美彦氏の最新刊が1位に輝きました。

謎を追い、謎に追われて展開していく、本をめぐる冒険譚です。

汝にかかわりなきことを語るなかれーー。そんな謎めいた警句から始まる一冊の本『熱帯』。その『熱帯』を探し求める森見登美彦氏。しかし『熱帯』は「最後まで読んだ人間はいない」幻の本だった!

秘密を解き明かしてはいけない「沈黙読書会」、神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」、鍵を握る飴色のカードボックス……。

そんな魅力溢れる謎の数々、そして読めば読むほど深まる謎。様々な謎があなたを待ち構えています。

本の世界から抜け出せなくなる、そんな読書体験を、ぜひ!

f:id:keibunshabanbio:20181211084710j:plain

 

3位は『100にんのサンタクロース』(谷口智則/文溪堂)。

4位は『ゴリラのくつや』(谷口智則/あかね書房)。 

10・11月に原画展を開催した、谷口智則さんの絵本2作品がランクインしました。クリスマスのこの時期に特に人気なのが『100にんのサンタクロース』。100にんのサンタクロースが住む街では、100にんいろいろなサンタさんがみんなで力を合わせて、1年がかりでクリスマスの準備をします。地図を作ったり、プレゼントの準備をしたり、衣装を作ったり、お天気を作る練習もします。そしてとうとうクリスマスの日、プレゼントを配り終えたサンタさんたちだけのお楽しみとは…!?100にんそれぞれに役割があって、あれこれ想像がふくらむ楽しいクリスマスの絵本です。本当にサンタさんが100にんいるかどうか数えてみてくださいね。

f:id:keibunshabanbio:20181211083631j:plain

 

5位は『希望荘』(宮部みゆき/文春文庫)。
『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く、宮部みゆきさんの現代ミステリー「杉村三郎シリーズ」第4弾が文庫になりました。前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚をし、義父が経営する今多コンツェルンの仕事をも失った杉村三郎の「その後」を描きます。新たなスタートを切った2011年の3月11日前後の物語。表題作の「希望荘」をはじめ計4篇が収録されています。

f:id:keibunshabanbio:20181211083443j:plain

 

10位は『みずとはなんじゃ?』(加古里子・鈴木まもる/小峰書店)。

今年の5月に亡くなった、かこさとしさんが手がけた最後の絵本。6月にNHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」でもこの絵本の制作の様子が紹介されたので、待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?暮らしの中で出会う水を通して、水の不思議な性質を知り、自然環境に目を向けるきっかけとなるような、科学する心をはぐくむ絵本です。初回特典は、かこさんの書斎風景、制作当初のラフスケッチ、直筆原稿、制作過程など、ここでしか見られない貴重な資料の数々を紹介する特製冊子付きです。

f:id:keibunshabanbio:20181211083535j:plain

 

以上、11月のランキングでした。

12月に入り、バンビオ広場では竹のイルミネーションが輝きはじめました。もうすぐクリスマス。12月はどんな作品がランクインしているでしょうか?次回もお楽しみに。

 

(津村)

12月のおはなし会を行ないました & 1月のお知らせ

吐く息も白くなり、寒さが厳しくなってきました。

今月は、そんな冬にぴったりのおはなしいっぱいのおはなし会でした!

 

===プログラム

『かぜひいちゃった』 いもとようこ/金の星社

『やっぱりたまごねえちゃん』 あきやまただし/鈴木出版

『ねむっちゃだめだよかえるくん』 塩田守男/佐倉智子/PHP研究所

『わんぱくだんのクリスマス』 ゆきのゆみこ/上野与志/末崎茂樹/ひさかたチャイルド

===

 

急に冷え込んで、体調を崩してしまう方も多いこの季節。

ひとつめのおはなしは、『かぜひいちゃった』です。

友だちのうさぎちゃんが風邪をひいちゃったので、こねこちゃんはお見舞いに。

うさぎちゃんはみんなからプレゼントをもらって、お母さんにも優しくりんごを食べさせてもらっています。

こねこちゃんはうらやましくなって「いいなあ」。 

f:id:keibunshabanbio:20181209022226j:plain

こねこちゃんは風邪をひくことにします。

おなかを出して、毛布もかぶらず眠ると、次の日、なんだか頭が痛い・・・。

みんなにプレゼントをもらっても、お母さんに優しくしてもらっても、しんどくて全然うれしくないこねこちゃん。

やっぱり元気なのがいちばんですね!

 

ふたつめのおはなしは『やっぱりたまごねえちゃん』。f:id:keibunshabanbio:20181209022645j:plain

前までたまごだったたまごねえちゃん。

そんなおねえちゃんに妹ができます。

かわいい妹ができて大喜びのおねえちゃんでしたが、なんでも妹の言うとおりにしていたら、とてもへとへとに・・・。

おねえちゃんってとっても大変なんです。

次の日も妹は、おねえちゃんに言いたい放題。

「もうだめー」となってしまったおねえちゃん。

しかし、そんなおねえちゃんをお父さんはだっこしてくれました。

きっと、おねえちゃん、おにいちゃんになってもお父さん、お母さんに頼めばだっこしてくれるはずです。

 

みっつめのおはなしは『ねむっちゃだめだよかえるくん』。

7ひきのかえるたちがうさぎのようふくやさんへ行くと、きつねとりすが服を作ってもらっていました。

2ひきは、冬になったらこの服を着て、雪の中遊ぶんだと話します。

f:id:keibunshabanbio:20181209023453j:plain

ふわふわ、きらきらの雪が見てみたくなったかえるくんたち。

雪を見るまで起きていようと決心します。

しかし、かえるなので、睡魔が襲ってきて……。

そんなかえるくんたちを見たうさぎのようふくやさんは、かえるくんたちになんとか雪を見せてあげたいと思い、大急ぎで寒くないような服を作ります。

雪が積もった日、特製の服を着せて、いざ外へ!

さあ、本来は冬眠しているかえるくんたち、初めての雪にどんな反応をするのでしょう?

 

最後のおはなしは『わんぱくだんのクリスマス』。

サンタクロースはいるのでしょうか。

わんぱくだんの3人が言い争いをしていると、赤い服を着たねこが現れました。

「サンタクロースは、ちゃんといますよ」と言ったねこの名は、にゃんた。

にゃんたは「サンタのところへおつれしましょう」と3人をサンタクロースのもとへ連れていきます。f:id:keibunshabanbio:20181209024639j:plain

サンタさんは、みんなにいると信じてもらえなくなって、自信をなくしてしまっていました。

サンタさんは、ため息をつくたびにどんどん小さくなってしまいます。

サンタさん、自信を取り戻して、プレゼントを配ってくれるのでしょうか?

 

今月のおはなし会はこれでおしまい。

今年はどんなおはなしに出会えたでしょうか?

 

来年も素敵なおはなしにたくさん出会えますように。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

===

12月のおはなし会

12日(日)午後時から(予約不要/参加無料)

 ===

 

(大川)

平澤南さんの「絵日記」原画展のお知らせ

展示>>

本日より平澤南さんの「絵日記」原画展がはじまりました。

f:id:keibunshabanbio:20181215123056j:plain
平澤さんは日々の中で、見たもの感じたものを、絵日記として描かれています。彼女のフィルターを通した世界は、柔らかく優しく、そしてちょっとコミカル。絵を観る人は「この日は何があったのかな?」と想像させられます。

f:id:keibunshabanbio:20181215123108j:plain
グッズの販売は作品集「絵日記」の2015年、2016年。
ノート、1点1点手づくりのはりこをご用意しています。

f:id:keibunshabanbio:20181215123118j:plain

またこの展示期間中、当店でお買い物して頂いた方にはオリジナルの文庫用のブックカバーもお渡ししています。※こちらは数に限りがありますので無くなり次第終了となります。ご了承ください。

 

平澤さんの原画展は関西では初めてとの事。

貴重な機会ですので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい!

 

展示期間12月15日~2019年1月6日まで

 

(水口)